■更新履歴■
 『SWWWの記録』を追加、修正したものです。赤字が修正個所、全面赤字の文章は新しく追加したものです。ただし誤字脱字の修正は含みません
2012.3.23 追加、修正
■SWWW全体
フレームからノンフレームへレイアウトを変更

■SWWW
・ 冒険者なのに街にこもって冒険に出ない、恋愛ロールプレイに走りすぎるなどの理由で、WM判断により12月をもって一期は終了
・ 全てをリセットして二期へ移行する


後半は「冒険者なのに街にこもって冒険に出ない」、「恋愛ロールプレイに走りすぎる」などの問題が起きる。特に恋愛ロールは我も我もと爆発的に広がり、楽しいと思う人と不愉快に思う人との軋轢も発生した。
それらを含めた問題解決と、新たな遊び方の提案により、WM判断で12月をもって一期は終了。全てをリセットして二期へ移行する


2012.1.10 追加、修正
■SWWW
髪・目の色、体型、性格の特徴、出身地を提示されたの選択肢から選んだ

髪、体型、性格の特徴、出身地を提示されたの選択肢から選んだ
※「目の色」は確認されず、削除する

■SWWW5
議論に際して、ヨハンさんがまとめた提案を叩き台とし、様々なことを詰めた
http://kano-daisuke.fool.jp/swww4/souan.html

四期まで使用された新規キャラクター登録用CGIは使用せず、PC登録用のBBSに参加者が直接キャラデータを書き込む仕様になった。PCデータ管理も同時にここで行う。フォーマットは下記の通りとなる※フォーマット掲載は省略

この頃、キャラクターチェックのボランティアを行っていたdodoさんにより、キャラクター作成のサンプルシートと登録までの案内がまとめられる
http://www.geocities.jp/dodopon01/sword_world/index.html

ちなみにPC登録のフォーマットは、以前のものでもこちらで紹介されたものでも構わない


ベーシック採用の記述を、2006年から2005年へ移動

『サポート2』に記述された追加戦闘オプション『囮攻撃』『二回攻撃』は、募集の際サポート保持を確認の上、使用してもよいかを参加希望PLに問い、了承を得た上で採用される傾向があった

サポート掲載の『シュルドゥルゥ』を使ったシナリオがあったりもしたが、保持者が少ないこともあり、基本的に追加モンスターが使われるシナリオはなかった

『ソードワールド』と関される関連書物に掲載されたデータの活用が認められる。ただし『ロードス島ワールドガイド』は除外。
また、利用を考えるGMは
 ・必ず募集時にそれらの書物からの引用を明記し、参加希望者に確認と了承を取ること
 ・持っていない(分からない)PLには、必ず説明すること
 ・著作権の問題から、説明文はシナリオ終了時に削除すること
が義務づけられる

これらは試験的運用も兼ねており、取りやめられるか続けられるかは、今後の参加者の良心とバランス感覚に委ねられる




2012.1.7 追加、修正
■SWWW
チャット出没時間が、そのままPCの活動時間に投影される。夜更けにチャットに参加すれば、そのPCは宵っ張りである、という形になる

PCの性別はPLと同じものとした。男性PLは女性PCを、女性PLは男性PCで遊ぶことは出来なかった

10の数値を各冒険者レベル及び『職業(一般技能)レベル』に割り振る仕様だった

上限7とし、10の数値を各冒険者レベル及び『職業(一般技能)レベル』に割り振る仕様だった

髪の色、体型、性格の特徴、出身地を提示されたの選択肢から選んだ
→選択肢内容の表と注意事項を追加


■SWWW2
スローガンとして下記の三か条が明記される
テーブルトークRPGの楽しさを共有し、趣味分野としての確立と維持に貢献する。
ソードワールドRPGのファン組織として機能し、普及やユーザー数の増加、その活気に満ちた関連書籍出版やサポート記事掲載を待望し、支援する。
テーブルトークRPGを通し、インターネットユーザー間の気持ちのいい友人関係を育てる。

参加条件として下記の五つが明記される
年齢は10歳以上で、自分の言動と行為に責任がもてる。
自分のメイルアドレス(プライバシーが保てるもの)を所有している。
WEB上で本名や身分を公開することができる。
ソードワールドRPGとテーブルトークRPGについての基本的な知識を持っている。もしくは学習する用意がある。
ソードワールドRPG/完全版のルールブックを所有している。

『西部諸国ワールドガイド』は、SW公式書籍であるがソードワールドの世界観に合わないと言う伏見さんの判断で、設定の持ちこみは見送られ、国の特徴や王族NPCを反映する程度に留められた。ただ、参考書籍として購入することは推奨された

『西部諸国ワールドガイド』『ロードス島ワールドガイド』は、SW公式書籍であるが、前者はソードワールドの世界観に合わない、後者は時代的なズレがあると言う伏見さんの判断で、設定の持ちこみは見送られた(ただし出身の『呪われた島』は、選択肢に残っている)。『西部諸国ワールドガイド』の国の特徴や王族NPCを反映する程度に留められた。ただ、参考書籍として購入することは推奨された

性別制限は無くなり、自分の性別とは逆のPCが作成できるようになった

新米に似つかわしくない大仰な二つ名、盛りすぎと判断された設定、アニメや有名な映画俳優からの名前引用(意図的/知らずにつけたに関わらず)、日本的な名前はリテイクの対象になった

出身地の選択に『ファーランド』は除かれ、『イーストエンド』『ケイオスランド』は存在しなかった。ロードス島は『呪われた島』として残っている

■SWWW3
PCが成長できるのはレベル7まで。8になると強制的に引退となった

PCが成長できるのはレベル6まで。7になると強制的に引退となった

また、進行速度と同時に、IRCで相談出来る参加者とそうでない参加者の間に生じる情報格差が問題視されるようになる。そのため、IRCでの相談はログを開示、話し合いに参加できなかったPLへ配慮するようになった
PC出身の選択肢から『呪われた島』『ドレックノール』が撤去される

■SWWW4
PCが成長できるのはレベル7まで。8になると強制的に引退となった
CCCは作成者・管理者が辞めたことで消滅。三期〜四期にかけてのPCデータが失われることとなる
(注:この消失の件でCGI作成者を責めることは間違い。ボランティアで運営されるSWWWにおいて、始めることも辞める事も個人の一存で決めてよいものであり、継続も引継ぎも義務では無い)

CCCは作成者が辞めた後、『準備会(後述)』での議論を経てあえて積極的に採用しなかった。特定の『出来る人』に負担がかかりすぎることを避けるための判断

■SWWW5
新規参加者募集再開、それに伴いプレイヤー登録が無くなる(?)

新規参加者募集再開。PL登録所は存在しなかったので、直にPC登録→参加の流れになっていた

新規キャラクターチェックは、データが理解できる参加者がボランティアで行うこととなる

新規キャラクターチェックは行なわれず、完全にPL任せになっていた

年代不明、便宜上ここへ入れる) 『完全版』に次いで『ベーシック』を所持していれば参加可能となる。ただ『完全版』に比べ『ベーシック』だけでは足りないルールがあること、GM希望者のほとんどが完全版のみ対応である場合が多いこともあり、ベーシック保持者に対してのサポート(質問への返答等)が必要となる

この頃、有志の申し出により、ボランティアで新規キャラクターのチェックが始まる

自主的にはじめていた新規キャラクターチェックを承認する。義務ではなく自主的な行為と位置付けられる





SWWWの記録TOPSWWW5に戻る