−梔子亭掲示板−



終 了

No.23 闇の牙、再び −冒険者はかく語り
募集期間 9.6〜9.13(pm23) シナリオ期間 9.13〜9.19(pm24)
経験点・報酬 500点・300ガメル 参加人数 3人
総経験点の高いPCを優先
判定ポイント ※説明を読み、行動を決定してから、振って下さい
1.FT、TH,RNのどちらか一種類+筋力B あるいは
  SR、SM、PRのどれか一種類+知力B 13以上
2.冒険者レベル+敏捷度B 10以上

【シナリオ導入】その夜、冒険者達がその路地を通りかかったのは偶然だった…ゴーバの片隅で、剣戟が響く。暗闇が晴れた時、月明かりの下にあったのは、二人の男だった。一人は青年。血だまりに倒れ、ぴくりとも動かない。もう一人は中年の痩躯の男。凶悪な表情で剣を振り上げ、倒れた青年にとどめを刺そうとしていた。
今回、PCはまず下記の行動から、どちらかを選択し、PLBBSで宣言して下さい。参加者全員が1.もしくは2.のみを選択しても構いません。※ダイスは、PLBBSで1.もしくは2.のどれを選択したかを宣言した後に振って下さい。宣言後、行動の変更は出来ません

1.話しかける・倒れた青年を庇う等、二人に介入します。
その場合、問答無用に痩躯の男と戦闘態勢に入ります。痩躯の男は交渉に一切応じません。戦闘を選択した場合、判定ポイントの中でPCに最も相応しいと思われる技能で、ダイスを振って下さい。目標値は13です。

2.一番近い冒険者の宿へ、助けを求めに行きます。
その場合、酒場にいたジョスランが現場へ駆けつけることになります。上記の戦闘には参加できません。冒険者レベル+敏捷度B、目標値10で判定してください。

【判定1・13以上の場合】
冒険者の力により、痩躯の男を退けることが出来ます。怪我を負った男は、ひどく悔しそうな顔をして逃走します。
 【2.を選択したPCが居る場合】
 敏捷度判定に関係なく、ここでジョスランと合流。倒れた青年を救出することができます。
 ジョスランの口から青年の名がハルトであること、襲ったのはモーリスと言う剣士だったことを告げられます
 【2.を選択したPCが居ない場合】
 倒れた青年を近くの宿屋に担ぎ込み、そこの酒場でジョスランと遭遇することになります。
 手厚い看護を受け、青年は一命を取り留めることが出来ます。
【どちらの場合も経験点500点・報酬300ガメル】
【判定1・12以下の場合】
冒険者達は痩躯の男を攻撃するが、ことごとく躱されます。それどころか、男の剣と精霊魔法に圧され、傷を負う事態に。
 【(2)を選択したPCが居て、判定で10以上だった場合】
 男が青年へとどめを刺そうとするところで、ジョスランと共に駆けつけることが出来ます。
 痩躯の男は撤退、青年…ハルトの救出に成功します 
【経験点300点・報酬300ガメル】
 【(2)を選択したPCが居ない場合】
 【(2)を選択したPCが居て、判定で9以下だった場合】

 痩躯の男は青年にとどめを刺し、立ち去ります。ジョスランは間に合わず、青年は絶命します…。
【経験点100点・報酬なし】

備 考 今回のシナリオは、[No.06 闇の牙〜沈黙の市2]の続編です。 シナリオ展開は下記のURLを参考にしてください。
http://ume.sakura.ne.jp/~a-vitae/swww4/kutinashi/fc_log/06.htm
痩躯の男はモーリス、倒れた青年はハルトです。

[No.06 闇の牙〜沈黙の市2]のシナリオに参加したことのあるPCは、どちらの判定にも+1のボーナスがつきます。日記作成時、モーリスやハルトを知っているとしても構いません。
知らない場合、後にジョスランからことの顛末が語られることになります。