−梔子亭掲示板−



終了

No.08 どろぼうかささぎ、襲来 −冒険者はかく語り
募集期間 7.6〜7.12(pm23) シナリオ期間 7.12〜7.20(pm24)
経験点・報酬 500点・500ガメル 参加人数 3人
判定ポイント 1.TH、SG、BDのどれか+知力B または 冒険者レベル+精神点B 13以上

[シナリオ導入】 ある商隊の護衛を請け負った冒険者達。積み荷の中身は宝石、リファールからドレックノールまで。前金200ガメルも受け取った。しかし道中、商隊の人々の様子はどこかおかしい。そこへ同じ雇われ冒険者の女盗賊エレナが、こっそり話しかけてきた。「この連中ヤバイよ。中身の宝石は全部盗品だ。たぶんモグリの盗賊が売りさばこうとしてるんだろうさ。ドレックノールに着いたら、口封じでみんな殺されちまうよ!」

[判定1・13以上の場合]  冒険者はエレナの忠告を受け入れたが、エレナ自身を信用しなかった。『エレナ』は偽名で、本性は“かささぎ”ギネヴィア。悪党をそそのかして金を稼がせ上前をはねたり、冒険者の稼ぎをかすめ取る小悪党と看破したからだ。冒険者達は、日が暮れて商人達が寝静まった時、荷物を積んだ馬車を奪い逃げ出した。作戦は成功。盗賊やギネヴィアから荷物を取り戻した。リファールに戻り、盗賊ギルドにことの次第を報告すると、荷物を取り戻した礼金として一人300ガメルが支払われた。そしてエレナ=ギネヴィアの件を話すと「よくあの小悪党を出し抜けたな。たいしたもんだよ」と誉めたのだった。【経験点500点・報酬500ガメル】
[判定1・12〜10の場合] エレナを胡散臭く思うも、冒険者達は彼女を交えて逃走の計画を立てる。計画は成功、エレナを含めた冒険者全員は追っ手を振りきった。夜が明けて冒険者とエレナは一休みする事に。焚き火を囲み一息つくうち、突然異様な眠気に襲われた。原因はエレナの放ったスリープクラウド。睡魔に抵抗し、エレナを追う冒険者達。荷馬車は抑えるもエレナにはあと一歩のところで逃げられてしまう。リファールに戻り、盗賊ギルドでことの仔細を話すと、“かささぎ”ギネヴィアと判明。「悪党をそそのかして金を稼がせて上前をはねたり、冒険者の稼ぎをかすめ取る小悪党」だと世話役は説明した。「お前等を利用して、礼金を独り占めするつもりだったんだろうよ」と話し、荷物を取り戻した礼金300ガメルが支払われた。【経験点300点・報酬500ガメル】
[判定1・9以下の場合] 冒険者達はエレナを信用した。彼女とともに馬車強奪を計画、実行するのは【判定1・12〜10】と同じ。しかし夜が明け、一休みした冒険者達は、エレナの放ったスリープクラウドの前に全員沈んでしまう。目が覚めると、馬車とともにエレナの姿はかき消えていた。馬車だけではない、商隊から受け取った前金も奪われていた。リファールに戻り、盗賊ギルドでこのことを話すと、窓口の男は「お前達、してやられたね。その宝石ならエレナと名乗る女がギルドに届けて、礼金を独り占めしてったさ」とにやり。そしてエレナの正体=“かささぎ”ギネヴィアの正体を「悪党をそそのかして金を稼がせ上前をはねたり、冒険者の稼ぎをかすめ取る小悪党」と教え、「容易に人を信用するなってことさ。まあ、安い授業料と思いな」と肩をすくめたのだった。【経験点100点・報酬なし】

備 考 特になし