戻る

SWWW4 旅人達の街道エリア IRCSESSION『月は無慈悲な夜の女王』

■1.ご挨拶■


 GM: そろそろセッションを開始しますね
 GM: 今回の参加者はフィオナ、シーダ、ザガズ、ディセライトの4名ですね。
 GM: お約束のアレを申します(笑)
 GM: PCの発言は「」で括って下さい。NPCの場合「」の前にNPC名が付きますが、PCは「」だけでOKです。
 GM: PCの仕草や内心を表現したい時は、「」の中で()で括る「(描写」の形が良いですね。
 GM: ダイスチャットは半角で「#2D6」と打ってください。
 GM: それから半角で「key数値cr数値」と打てばレーティングが使えます。
 GM: 戦闘が行われた場合、モンスターは固定値ではなくダイスを振って判定します。
 GM: 1ゾロ、6ゾロの自動的失敗/自動的成功は適用されません
 GM: キャラ扱いのNPCはPC扱いとし、1ゾロ、6ゾロの自動的失敗/自動的成功は適用されます
 GM: また、これ以降、新規見学者の立ち入りは禁止します。入室した場合、問答無用でkickしますので、予めご了承ください(笑)
フィオナ:(よろしくお願いします。)
ザガズ:(戦屋るたた@閃爍のザガズ=ガルドラブーク、主技能はラーダプリースト5。ドワーフ♀の神官戦士です。どうぞよしなに)
シーダ:(よろしくお願いしまーす)
 GM: では、ただ今よりセッションを開始します…




■2.宿場町にて■

 GM: リファールとドレックノールを結ぶ街道筋。大湿地帯メジオンを大きく迂回するように作られた街道沿いに、さらに小さな市道が走り、地図に載らない小さな宿場町が点在する…。

 GM: さて、シーダとフィオナ。
 GM: 二人はリファールからドレッグノール近くの村へ荷馬車の護衛を受け、無事に終わらせたところです。
シーダ:(はい?)
フィオナ:(了解)
 GM: 200ガメルの報酬を得て、リファールへ戻る途中、街道に近いこの宿町へ差し掛かりました
 GM: 規模は「大きな村・小さな町」という感じですね
シーダ:「ん〜(背伸び)、今回は簡単だったねぇ」>フィオナ
フィオナ:「ええ、大事がなくてよかったです」
 GM: 時刻はもうすぐ昼時。そろそろお腹も空いてくる時間です。
フィオナ:「そろそろお昼にしませんか? ちょうど街に入るところですし」
シーダ:「そうしよっか、どこかに美味しい店あるかなぁ?」
フィオナ:門番/衛兵に聞いてみます。
門番: 「冒険者の集まりそうな場所なら…」と、教えてくれる
 GM: で、冒険者の集まりそうな酒場兼宿屋は町に一軒あります。
門番:「飯もそこそこうまいってさ」
フィオナ:「ありがとうございます(ぺこり)」
 GM: 店に向かいますか?
シーダ:「それじゃ、そこにいってみますか?」
フィオナ:「では行ってみましょうか」>シーダ
 GM: では、二人で行ってみる
 GM: 店内はそこそこ賑やかですね
 主人:「いらっしゃい」
フィオナ:「こんにちは。お昼をいただきたいのですが」
シーダ:「おじさーん、エールと軽い食事お願ーい」
フィオナ:「わたしはサラダと鶏肉あたりで…」
 主人:「分かったよ、ちょい待ってな」
 GM: と、二人が酒場でご飯を待ってる頃
 GM: ザガズとディセライトも、なぜかここへやってきました。
ザガズ:(「なぜか」は任意設定?)
 GM: はい、理由は好きに考えてもらって結構です(笑)
ディセライト:((’’)
ザガズ:(・・・おいおい考えよう(笑)。了解です)
ディセライト:(らぢゃりました)
 GM: ネバーバレーでのデュラハン退治で大きな功績を挙げた二人ですが、そんな戦いを忘れてしまうほどこの町はのどかです。
フィオナ:(二人には気付きますか? ザガズは知り合いなんですが)
ザガズ:「ぼちぼち御飯にしときましょなノネ!」
ディセライト:「そうですね。そろそろ頃合ですし」
 GM: 入る店は、先の二人と一緒ですね
ザガズ:「あ、わは適当に日替わりを大盛りで二人前よろなノネ〜 」
ザガズ:「それから飲み物は・・・」
ディセライト:「あ、私はオススメを一つ〜」
フィオナ:「あら、その声(口調)は…ザガズさーん」
シーダ:「ん?知り合い?」>フィオナ
ザガズ:「・・・むい?」>フィオナ
ザガズ:「会った覚えはあるような・・・。どっかで会った覚えはあるノネ〜」
ザガズ:「・・・失礼だケド、どちら様だっけ?」
フィオナ:「お久しぶりです。紅い梔子亭でお会いした、フィオナです」
ディセライト:「お知り合いで?」
ザガズ:「たぶん」>ディセライト
ザガズ:「(ぽむ)ああ、梔子亭で会ってたノネ。わは閃爍のザガズ・・・と、名乗ったかしら」
ザガズ:「こんな所で会うなんて奇遇なノネ〜」
フィオナ:「ええ、本当に奇遇ですね。よろしければお昼ご飯、一緒にどうです?」
ザガズ:「おけおけ、ディセそっち空けて」
ディセライト:「はいです(よっこらせ)」
ザガズ:「(・・・。じじむさいのは何とかならんか?)」
 GM: そういえば、ディセライトは今仮面付き?
ディセライト:今は無いです。ノー警戒中。
 GM: 了解っす<ディセ
フィオナ:「ザガズさんのお仲間ですか? わたしは”巡る風”のフィオナと申します。初めまして」>ディセライト
ザガズ:「連れは魔法戦士のディセライト。腕は立つノネ〜」
ディセライト:「ディセライト=ファルネージュです、よろしく」>フィオナ
シーダ:「フィオナの知り合いかぁ、シーダ・レイティシアよ。よろしくねぇ」
ザガズ:「半妖精に森妖精の連れ合いってのも珍しいノネ。よろしく、シーダ」
ディセライト:「シーダさん、よろしく」
 GM: では、同じテーブルで賑やかにランチタイムが始まりました
ザガズ:「最近どうしてたノネ? 元気してた?」
ザガズ:(軽く世間話でも)
フィオナ:「小さな冒険をいくつかこなしました。でも、お二人の域には及びませんねきっと(にっこり)」
シーダ:「あ、ザガズさんでしたっけ?一緒にこれ(お酒)飲む?」
ザガズ:「アルコールは昼には飲まない主義なノネ。お茶にしとくノネ〜」
シーダ:「ドワーフにしては珍しいのねぇ」
ザガズ:「死霊騎士討伐してた程度なノネ」
フィオナ:「死霊…騎士?」
ディセライト:「そんな事になるとは思わなかったんですけどねー」
ザガズ:「まあねー」
ザガズ:「死の予言を与えた対象を一年後に殺しに来る上級亡者なノネ。倒したケド」
フィオナ:(伝承知識判定、基準値4。#2d6)
  【DICE】: 2D6 = 6 (2 + 4):フィオナ
フィオナ:(10では知りませんね)
 GM: 分かりませんね(笑)<デュラハン




■3.依頼■

 GM: でまあ、そんなこんなで話して、ご飯を食べ終わる頃。
 GM: 一組の男女が酒場へ入ってきます。
ザガズ:(望むなら詳しく教えるが時間がないようだな(笑))
ディセライト:(そのようで(’’)
フィオナ:(まあ、別の機会に)
 GM: 二人は何か相談しながら、酒場をぐるっと見回してます。
ザガズ:「・・・ン?」
フィオナ:「依頼人…でしょうか」
ザガズ:「っぽ」
シーダ:「(気にせずエールを飲んでます)」
ディセライト:「(ちらりと一瞥)」
ザガズ:(外見上のジョブは?)
ザガズ:(鎧の質と武器種別で結構)
 GM: 女性は20歳ぐらい。跳ねた栗毛で皮鎧に、同じような長さの短剣を2本腰に下げてるね。
 GM: 男性は25,6ぐらい。刈り上げた黒髪に灰色の瞳。スプリントアーマーにモール、あと短剣も。
 GM: どうみても同業者のようです
ザガズ:(戦士に盗賊風か・・・了解)
 GM: 二人とも、ちょっと値踏みするような目つきで店内を眺めて…
フィオナ:(我々と、その二人以外に冒険者はいますか?)
 GM: いますね。そこそこ盛況です
ザガズ:「(のんびり茶啜り)」
 GM: やがて、PC達の元へ歩み寄ってきました
ディセライト:「(お?)」
ザガズ:「(マターリの構え)」
 女: 「あの、今、手が空いてますか?」
 GM: わりとはきはきした物言い
フィオナ:(まあ、この集団は目立ちますからねえ)
ザガズ:(異種族三匹いますからな)
ディセライト:(肩身狭いよ、ママ(ぇ))
シーダ:「(ん?)」
フィオナ:「はい。なにかお困りごとですか?」
女: 「急で悪いんだけど、人捜しの手伝いをお願いできないかしら?」
フィオナ:「土地鑑があるとは言えませんが、それでもよろしければ…」
シーダ:「私とフィオナはさっき仕事が終わったから暇だよ〜」
女: 「あたし達もこのあたりは初めてだから…」
ザガズ:「若いうちは足で稼ぐノネ〜、いってらっしゃい(おててひらひら」
フィオナ:「ふふ、そういうザガズさんはお若いうちに入らないんですか?」
ザガズ:「美少女神官戦士齢四十八だケド、何か?(しれっ」>フィオナ
シーダ:「私よりは年齢的に若いと思うなぁ」>ザガズ
ザガズ:「余裕で半分以下なノネ」>シーダ
ディセライト:「お話の内容によりますが……」
女: 「ええ、実は彼の仲間が行方不明になって…」
 GM: と、ここで男は頭を下げます
 男: 「モント・グレーンと言います」
ザガズ:「(まあ及第点。で?)」
フィオナ:「まずは座ってください。マスター、椅子をお借りしますね」
フィオナ:椅子を二つ調達。
 GM: 了解<調達
シーダ:「行方不明かぁ・・・私は日常茶飯事だけど…(小声で」
ザガズ:「森林部だと特になノネ!(力強く同意」><日常茶飯事
ザガズ:「(茶化しながら興味は向けている)」
ディセライト:「(適当に挨拶とかしながら)」
 GM: 座って、女はラリュンヌ・アシュレと名乗ります
ザガズ:(名前に聞き覚えがあるかどうかの判定は可能?)
 GM: どうぞ
ザガズ:(セージ、バード、冒険者知力のどれでしょう?)
 GM: これはバードの方ですね
ザガズ:(ほう)
シーダ:(私もいいっすか?)
ディセライト:(じゃ、こちらも平目で。いいですか?)
 GM: どうぞ
フィオナ:(では、わたしも判定してみましょう。基準値4 2D6)
  【DICE】:2D6 = 9 (5 + 4):フィオナ
ザガズ:#2D6+3
  【DICE】:2D6 = 4 (3 + 1):ザガズ
シーダ:#2d6
  【DICE】:2D6 = 7 (5 + 2):シーダ
ディセライト:(平目#2D6)
  【DICE】:2D6 = 6 (4 + 2):ディセライト
ザガズ:(加算は対応していないか。達成値7)
フィオナ:(達成値13です)
シーダ:(基準値5なんで12っす。)
 GM: 7では分かりません
ザガズ:(相手が剣匠ルーファスでも無理w)
 GM: シーダとフィオナはちょっと引っかかるものがあるかな
フィオナ:(男女どちらの名前に、ですか?<引っかかり)
 GM: ラリュンヌの方です
 GM: ただ、あまり良い印象でないものの類ですね
シーダ:(たとえば?)
 GM: そこまではちょっと思い出せない>シーダ
ザガズ:(何かはあるな。まあ警戒して掛かればよろしい)
シーダ:「ん〜…気のせいだと良いけどなぁ…まぁ、いっか」
フィオナ:「ラリュンヌさん、モントさんとは冒険者仲間なんですか?」
ラリュンヌ:「あたしは仲間じゃないの。この町で、人捜しを頼まれたクチよ」
ラリュンヌ:「もうちょっと人手いるかもと思って、みんなに声をかけてみたんだけど…」
フィオナ:「なるほど」
ザガズ:「(視線は固定のままで)・・・ふむ」
フィオナ:「モントさん、行方不明になったのはどういう方ですか?」
モント:「マーニという名のエルフです」
 GM: ちょっと苦しそうな表情をする
ディセライト:「おやおや。どういった状況で?(ん?)」
シーダ:「え?エルフが?」
モント:「居なくなったのは今朝です。野宿場所で寝覚めて、僕はちょっと用があって、彼女が『先に行くから』と…でも町に着いてみると…」
フィオナ:「町、というのはこの町のことですね?」
モント:「そうです…」
シーダ:「私以外に行方不明になるエルフ…いたんだぁ(ポツリと)」
ディセライト:「(シーダを一瞥して汗たらり)>」
ザガズ:「・・・(ヒトを頼むような事態かね、その程度)」←沈黙中
ディセライト:「宿の方とかは、もう訊ねたんですよね?」
モント:「ええ、でも彼女は来てないそうです」
シーダ:「ん〜…愛想を付かされただけじゃ…」
ディセライト:「ちょっと……それは」>シーダ
モント:「そんなことはありませんよ!」ちょっとうろたえ>シーダ
ディセライト:「(て、うろたえるのかよ!?Σ( ̄□ ̄;)」
ザガズ:「冒険者同士ならあり得る日常なノネ」←冷徹
シーダ:「(じーっと見て)……んー、どうかしらねぇ(笑)」
ラリュンヌ:「まあまあ、落ち着いて」と、モントを宥めに入る
ザガズ:(ラリュンヌの様子を観察。急いでる風です?)
 GM: 急いでる感じですね>ザガズ
ザガズ:(今は正午。・・・了解)
ラリュンヌ:「まあ無理にとは言わないわ。でも、手伝ってくれると助かるかな」
フィオナ:「野宿の場所から、この町までの間はずっと街道沿いだったんですか? それなら行き違いになる方が妙ですけど…」
モント:「そうですよね…」>フィオナ
フィオナ:「町の中で、落ち合う場所は決めてあったんですか?」
フィオナ:(疑念はあるがお人好しの方が勝っているフィオナでした…)
モント:「ええ、冒険者の集まりそうな宿にしよう、と」>フィオナ
ディセライト:「昨夜のマーニさんの様子とか、解りますか?」>モント
モント:「夕べはいつも通りだったよ」>ディセライト
ディセライト:「そうですか……」
フィオナ:「…ところで、ラリュンヌさんとはお知りあいではなかったんですよね。どうして依頼することになったんです?」
ラリュンヌ:「ああ、たまたま『エルフを知らないか』って声を掛けられたのね。で、ちょっとお節介焼いた訳」>フィオナ
フィオナ:「なるほど…(少し首を傾げながら納得)」
ザガズ:「・・・(人探しで盗賊の手に負えないとなると、出番なぞないものだがな)」
ディセライト:「では、探すとして、どの程度の範囲と時間を探せば?(どうする? と周囲を見つつ)」>ラリュンヌ&モント
ラリュンヌ:「んー、町の中で行方を探し続けるか、町から野宿場までを辿りながら痕跡を探すかのどっちかだと思うわ」
ザガズ:「森妖精は目立つはずなノネ。街中で盗賊が見つけられないんじゃお手上げっしょ」
ザガズ:「(茶啜り)」
ラリュンヌ:「それもそうね…」>ザガズ
シーダ:「私は受けて良いと思う。エルフが関係してるしね」
ディセライト:「まあ、私も門外漢ですし。それでもよければお手伝いしますがね」
シーダ:「ん〜多分街中じゃないと思うなぁ…短時間で来ようとすれば湿地帯かなぁ…(独り言)」
フィオナ:「受けるのは構いませんが、いろいろと事情を訊かせていただくことになると思います。それでも良いですか?」>モント
モント:「ええ、構いませんよ」>フィオナ
フィオナ:「モントさんとマーニさんの関係や、最近受けた仕事について。話して困るようなことはありません?」>モント
モント:「特にないよ」>フィオナ
ザガズ:「わの時間を割かせる代価を支払うなら手は貸すケドね」
モント:「先の仕事で稼いだ金がある。一人頭4〜500ぐらいにはなるが…」
ザガズ:「高すぎ。何を焦ってるノネー?」>モント
モント:「焦ってるかい? まあ、そう見えても仕方ないけどな…」(ちょっと苦笑気味)
ディセライト:「それはまた、なんでですか?」>モント
ザガズ:(辻斬り倒して3000ですからな。人探し如きで2000前後の提示は高いかと)
 GM: (ああ、この辺りはGMの価値観の差額が出た模様です(^^;)
ザガズ:(レベル1や2を雇いたい金額にしても微妙でしてな。ちと疑わせて貰ってます)
 GM: (了解です)
ザガズ:「胡乱な事情なら手は貸さないノネ。わは神官戦士、仕事は選ぶノネ」
フィオナ:「先の仕事は割が良かったんですか? 大金を持ち歩いているとそれだけでも危険ですからね」
フィオナ:「または、その仕事で誰かから恨みを買ったりしてはいませんか?」
モント: 「ええ、仕事自体はそれほど大きなものでは無かったんですが…恨み、ですか…」
 GM: モントは特に心当たりはない感じですね
フィオナ:「そうですか…。それなら街の出入り口や立ち寄りそうな店に伝言を残しておいて、野宿場所まで戻って探すのが良さそうですね」
モント:「そうですね…」
シーダ:「ん〜…そうだねぇ〜…」
フィオナ:「誰かに捕まっているのでない限り、この小さな町で行き違うとは思えませんから」
ラリュンヌ:「じゃあ、早く行きましょうよ」
ザガズ:「外を探すんなら、野伏の領分なノネ〜」←やる気あんまり無さそう。
ディセライト:「まあ、初歩的な技術なら知ってますけどね……」>野伏
ザガズ:「もう冷たくなってる、とかネ」
 GM: モントはむっとするが、黙って立ち上がる
ラリュンヌ:「探してみないと、分からないでしょう?」
ディセライト:「まあまあ、最悪を想定して最善を望むのが仕事みたいなものでしょ?」(仲介してみる)
フィオナ:「野外の探索なら、多少心得があります。お力になれると思いますよ」
モント:「ありがとう…」
ザガズ:「(釣られはしないか)」
シーダ:(そういえば、この酒場に商隊みたいな人たち居ます?)
 GM: ここは冒険者の店ですから、商隊っぽい人はいないですね
シーダ:(そうですか)
ザガズ:「(小声)斡旋を介さない仕事の質は保証なしなノネ。直で来るってのは、そこそこ特殊」>ディセライト
ディセライト:「(小声で)ええ、それは承知してますけど、ね」>ザガズ
ザガズ:「(小声)ならばよし。・・・正直、微妙」>ディセライト
ディセライト:「(小声で)確かに」>ザガズ
ザガズ:「生徒を放り出す訳にもいかんか・・・やれやれなノネ(どっこいしょ」
ラリュンヌ:「じゃあ、善は急げって言うし、早く行きましょう」
 GM: ラリュンヌとモントは席を立つ
ディセライト:「善、ね(小声で呟く)」
フィオナ:「行く前に町の門番さんと、この店のご主人には伝言を残しておきましょう」
シーダ:「同族を見殺しには出来ないもんね」
 GM: では、フィオナは主人へ言伝をしますね
フィオナ:はい。
フィオナ:「この店で待つように」と伝言を残します
主人:「ああ、分かったよ」と、受けてくれます
ザガズ:「妥当なセンなノネ」
フィオナ:「モントさん、貴方たちはリファールとドレックノールのどちら側から来たんですか?」
モント:「ドレックノールのほうです」
ザガズ:「また沈黙の市とかヘンなのにぶつかんなきゃいいケド・・・」
フィオナ:(戻ることになる…か)
ラリュンヌ:「じゃあ、そっちに向かいましょう」
シーダ:「んじゃ、その野宿場所に行きますかぁ」>ALL
フィオナ:「先に行ってもらえますか? わたしは反対側の入り口の門番さんに言伝してきますから」
ディセライト:「了解」
ザガズ:「おけ」>フィオナ
 GM: では、フィオナ以外全員移動ですね
フィオナ:移動間際に
フィオナ:「(小声で)気をつけてください、この人はきなくさい感じがします」>ザガズ
ザガズ:「(ぼそりと)・・・同感なノネ」>フィオナ
 GM: 移動組はちょっと待っててくださいね。先にフィオナを対処しますので
ザガズ:(うい)
シーダ:(はい)
ディセライト:(らじゃ)