戻る


投稿時間:2002/09/15(Sun) 04:22
投稿者名:フェン
Eメール:
URL :
タイトル:
ちーっす
「ちわー。へーぇ、面白いとこが出来たもんだね♪
 ね、いきなりだけどお薦め出してよ。
 どうしてかってそりゃあもちろん、お薦めを見るのとこの店を見るのは同義に近いから♪

 俺も根無し草だからねぇ、気楽にふらふらやってるけど、マスターもそういうことやってたんだろ?
 だってさ、そういう匂い、するもんね。手先器用な方でしょ。ね♪

 ん、故郷はあるけど帰る気はまだないねぇ。見たいじゃん、もっと、いっぱい、たくさんのことを。
 1000年も森の中じゃ腐っちゃうよ。せっかく他の種族より長寿に生まれたんだから、誰より楽しまなきゃ損だと思わない?」

投稿時間:2002/09/17(Tue) 20:12
投稿者名:プレッツェル
Eメール:
URL :
タイトル:
GIMLET
「長い寿命ってのも苦労の元だな」

フェンのやつ、私を試してるな…。彼の笑顔を見ながら、シェイカーを持つ。

おすすめ、といっても、うちの店にそういうもんはない。
客が飲みたい酒を出す…単にそれだけだ。
しかし、私が個人的にすすめる酒なら………。

ドライジンの瓶を取る。マクセルも味わったこれをシェイカーに注ぐ。
ジントニックはトニックウォーターを入れるが、今回はライムジュース。
軽く振ってグラスに注ぎ、フェンの前に差し出した。

「ギムレットだ…いけるかい?」

酒の味そのままに味わえる逸品。あとは、フェンの舌で評価してもらおうか…ふふっ。

投稿時間:2002/09/19(Thu) 20:02
投稿者名:フェン
Eメール:
URL :
タイトル:
ぎむれっと?
> 「長い寿命ってのも苦労の元だな」

「でしょ〜。人間の時間感覚に慣れちゃうと特にねぇ。
 成人まで100年だもんなぁ」
プレ姐さんの手つきを眺めながら。
鮮やかなもんだ♪
「わぉ、ライムだ!」
爽やかな香りがいいね、大好き(^^)

> 「ギムレットだ…いけるかい?」

「ぎむれっと? って言うんだ。へーぇ」
ん、微妙に発音を間違えた気がする。でも気にしな〜い、ってね。
「じゃ、ご自慢の一杯を頂戴します」
軽く杯を押し戴いてみたり。

ごっくん。

「うんうん美味しい! いいね〜、果物ベース♪」
果物は普通に好きなのさ。酒も程良い強さだし、不自然な甘さも感じないし。
「一気に楽しんでもう一杯、とか言いたいけどね。止めた方がよさそうだ。
 余韻がもったいない、だろ?」
にっこりと。

ここはじっくり楽しむのもいいかもしれない。
そうだね、スパイシーなオードブルでも添えようか。


***From PL***
凝った一品でもてなして頂きまして(=w=)
大人の雰囲気でいきたい感じですね〜、渋い!!
111歳のフィーバーな貫禄を・・・そんなのないか(笑