HOME



▼8.7.水
で、やってきました映画のハシゴ。
「タイムマシン」は、クラシカルなのに最新鋭な装置がたまりません(>w<
ワタシテキツボはウォチット夫人。シャーロック・ホームズのワトソン夫人なイメージと重なりますねえ。
実際、同じ仕事してますし。
「ウィンドトーカーズ」は試写会だったんで、前座に吉本の若手による映画紹介おまけ付き。
…まあ、吉本も大変ですねえ、とだけ言っておこう(=w=

しかし! 一番燃えたのは、「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」の予告編だと言っておこう!(笑)
あの音楽、あの映像が流れた瞬間ぞわっと鳥肌が…。
「うを、魂が求めてるぜこの映画!」 って叫んださ!(心の中で)

で。
映画二本観て、思ったほど疲れてないてのに気が付いた。昔は一本終わると、頭痛とかしてたのに。
そう言えば「タイムマシン」終わった後、4,5人の学生らしき男の子が
「頭痛い」と言いながら出て言ってたっけか。長年の経験(とほほ)で「映画を観るための体力」が養われてるのかなー。
リラックスしてるはずなのに、家でビデオを1本観る方が目が疲れるし。映画館って、やっぱ映画を観るのに適した環境なのね、とも思ったり。


▼8.6.火
お仕事、今月で終わりですー。いろいろあるけど、「まあ仕方ないやねヽ(´ー`)ノ」と。

TOP用のイラストを描いてたけど…納得いかんので自主的にボツしました。
変えられるのはいつになるのかなー。つか喜利番溜まる前に描かないとにゃー。
なんてぐろぐろしてたら、明日「タイムマシン」と「ウィンドトーカーズ」をハシゴしに行くことに。
体力あるかにゃあ(=w=

ちなみに今年観たい映画は「猫の恩返し」と「アイスエイジ」と「ピンポン」と「パワーパフガールズ」。
「SWEP2」はどうしようかなあ、な感じ。前情報だけでお腹一杯なもんで(ふう)

『遊学館高校の選手・監督10人が食中毒?』のニュースの映像をなにげに見てΣ(=口=)
「この病院…うちの近所じゃん!」
隣の隣にあるコンビニでバイトしてるし、向かいにはいつも買い物してるスーパーがあるし。
高校球児って案外近くに泊まってるんかと、ちょっとびっくりでした(笑)



▼8.5.月
昼間に買い物行って、やっと一息ついて
「今日は肉じゃが…」と言いかけて、「牛肉買ってくるのを忘れたΣ(=口=;」と気づいた場合。
暑いよー暑いよー外出たくないよー。と駄々こねるのってアリ?

…結局買いに行きましたけどね。肉抜きの肉じゃがってヘルシーかもしれんけどヽ(´ー`)ノ

今日のぷいぷいさんで言っていたこと。
殺人事件は30年前が約3,000件、20年前は約2,000件あったけど、去年は1,400件。
軽犯罪は増えてるものの、殺人事件そのものの数は減っているそうです。
ただ、ワイドショーやニュース番組でしつこくクローズアップされること、
犯行の動機が複雑なケースが多くなったから、殺人事件が減らない印象を受けるそうです。

それにしても女性が起こす事件は個人に向かうのに対して、男性が起こす事件はより広い範囲に向かうことが多いですね。
ストーカーの対象の女性だけでなくその家族に危害を及ぼしたり、銃を持って立てこもったり。
社会に与える影響がより大きい方を選びがちなんですが。…どうして?
こういう事件を起こす男性って、総じて人間(特に自分より弱い存在)をモノ扱いしてるように思えます。
罵声や暴力に訴えて従わせようとして、言うこと聞いて貰えなければ生命を危機に晒す。
最近、「こいつら究極の駄々っ子やん。殺された人浮かばれんわ」な事件が重なります。本当に嫌な気分です。


▼8.4.日
起床は朝8時。朝ご飯を終わらせて、「ソード・オブ・ザ・ファンタジー」拝見。ドイツ製作の日本未公開映画でありますが。
「運命に従い、剣を探すため過酷な旅に出る少女の話」と紹介されてたけど…こりゃ確かに過酷ですな(=w=
そもそも根幹にあるのが、「キリスト教を奉じる王家vs異教徒(北欧神話)のせめぎ合い」ってのがまず現実的で。
恋人を殺され「これからの人生を闘いに捧げます」と誓って終わりだなんて、アンタそりゃ過酷じゃん。
魔女や神々の存在もありまするが、SFXに頼った派手シーンは殆どないし。
ドイツというお国柄が出てるなー、と妙に納得した一本でした。
レーニャ役のお姉ちゃん、綺麗でカッコイくてぐぅ! 剣や棒を使って戦いの型を見せるシーンは知識欲を刺激してくれました。
ありがとーう(>▽<

でもその後も気力が沸かず、結局昼の2時まで惰眠。なんとか気力が戻ってきたかなあ…。
で、ご多分の漏れずイヤな夢も見たりしたさ。
「自分の背中に、アゲハチョウの幼虫みたいなものが取り付いて、負の感情を貪り吸って成長している」って夢。
デカかったなあ…中型犬ぐらいの大きさがあったし。重くないんだけどさ。
時々もぞもぞ動いて、マイナス感情を刺激して吸い取ろうとしてるんだもんなー。動くたびに目玉模様が伸びたり縮んだりするもんなー。
そんなもん背中に憑いてたら、そりゃ元気もなくなるわな。どっかで落としてこよう…(ふらふら)


▼8.2.金 〜 8.3.土
金曜日
TUTAYAでビデオを5本借りる。
ダンナご希望の「ターンAガンダム・地球光」「月光蝶」「ゴジラ・モスラ・キングギドラ怪獣総攻撃」
自分のための「ソード・オブ・ザ・ファンタジー」と「クルセイダーズ」
予想外だったのが全部新作扱いで、最長二泊三日まで借りれなかったこと。むう、観れるのかっ?

といいつつ、帰ってすぐ地球光&月光蝶を制覇。
改めて観た感想。「やっぱりよくまとめてるやん」。自分がターンAのファンであることを差し引いても、そう思える。
サイドストーリーを量産することは出来ても、誰一人越えることが出来ない壁。
「越えることも壊すことも叶わないなら内包し呑み込もう」としたのがターンA、そして現にやってのけてしまった。
創り上げた本人だからこそ、それができたのだなと実感。それでも、20年の歳月が必要だったけど。
(私がサイドストーリーなるものにまるで興味が持てないのは、ファーストの世界観を中途半端に引きずってるからだろう。
観て、楽しむことはできる。何らかの感想も持てる。でも、それでオシマイ。
過去の設定にぶら下がり、自重で立てないストーリーに価値を見いだせないので)

つか「この曲、サントラに入ってないじゃん!」と気づくことしょっちゅう。菅野さん、やっぱ作りすぎだってば(笑)

土曜日
午後、「ゴジラ」を拝見。
焼津港、清水市、箱根、横浜が次々壊滅するのを横目で見ながら、トーンをゴシゴシ張りまくる。
ゴジラが登場すると、肩に力が入っちゃうねやっぱり。
「ゴジラが不機嫌な犬みたいや」とは、ダンナの感想。言われてみれば確かに(=w=

夕方、原稿完成。コンビニのFAXで送信。超精密モードで送ったから、大丈夫でしょう…たぶん(爆)

その後、ひどい倦怠感が出て、夜の10時に早々に寝る。
考えることがマイナス思考ばかりで、日頃忘れてるフリしてる恨み辛みばかりがわき出てくる。
人生お疲れまくりな感じ。


▼8.1.木
今日から8月。1日は朔日で8月1日は八朔。
京都の花街じゃ、舞妓さんや芸妓さんが、お師匠様のところへごあいさつに行ったことでしょう。
前に見たことあるけど、綺麗でしたねえ(うっとり)
こっちは炎天下で死ぬかと思いましたが(w

現在、臣さんちの原稿を作成中。故に今週、こっちの更新はお休みかな。
と言っても、最近はたいしたことしてないけどねー。原稿は、今年もめちゃ脱力系になるかと。
しかし…ちっとも巧くならんね、自分(てへ)

右の写真はテディベア(八坂神社のお守りつき)と、お見舞いのお花。
ベアは4年前私が入院した時、友達が持ってきてくれたもので、今回も活躍(?)。
ダンナの退院と共に、今は我が家のテレビの上に戻っておりまする。


▼7.31.水
今日でとうとう7月は終わり。ばたばた早かったですな…。

仕事が終わって「シュレック」を観る。それにしてもCG技術の進歩は凄まじいですな。「日進月歩」ならぬ「分進秒歩」だと実感まざまざ。
お話はコンパクトにまとまってて、技術でもしっかり観せてくれる映画で満足でございます。

映画の後、DVDのオマケのメイキングで、CG技術の説明があった際
「フィオナの表情がリアルになりすぎてしまった。このままだと周囲から浮いてしまうため、ある程度省略した」の一言に
「このスタッフ達は自分達が何をしているのか、ちゃんと理解してるんだな」と納得。
自分達が作っているのは「映画」。CG技術はそのためのツール。
個々が200%の実力を追求した上で、全体の調和を考えて100%に引き下げられる余裕。
(全力を尽くして100%だとダメなのです。仕上がりが100%以下になってしまうから)
技術に溺れず奢らず、“魅せる”ための努力を惜しまない人達が私は好きです。

夕方、例の冷や汁に挑戦。思った以上に手間を食いましたが、見返りは充分。
美味かったっす(>▽<
ごはんにみそ汁ぶっかけて、と同じようなもんですけど、味噌の中に具がいっぱい練り込まれてるからコクがあってうまうま。明日のお昼も冷や汁…だって残ってるんだもん(笑)


▼7.30,火
そんな訳で、ダンナは無事退院しましたー。
入院中週に3回も胃カメラを呑んだそーで。確認の為とはいえこれってかなり珍しいことらしい…(笑)
ごはんは全粥だけど、おかずは普通食でもいいみたいです。薄味メインだけどね。
鉄分補給の食材も考えないとー、みたいな。ひじきとかほうれん草とかプルーンとか、あとチョコレートだねえ。

何はともあれ、ほっと一息。


▼7.29.月
2,3日ぶりに気に入りサイトを巡回してたら、
「最近のことかもしれないけど、『踏み逃げ厳禁』って考え方があってびっくりした」との一文が。
要は「キリ番踏んだならきちんと申告しろやオラ!」ちゅーものらしいですな。
中には「強制的に報告ページに飛ばしたり、アクセス解析で追いかけてくるところもある」とか。
なんじゃそりや??
私も気になって検索かけたら、結構あったんですよねー、それを掲げてるサイトが。
しかも踏み逃げ厳禁委員会なるものも存在するそうで…ヒイイイイイ(ブルブル)
検索巡回も命がけ? コワイ…というより鬱陶しいっす(==;
「踏み逃げ厳禁!」の隣に「気軽に書いてね☆」とか「報告をどうぞ」ってあっても、そんなんイヤです(;w;
(もとより私の性格、『お気軽に』と言われると警戒モードが入って三歩下がる傾向にあるんですが(笑))
幸いにも、私がブックマーク着けてるところに、そういうことをほざくサイトはありませんが。

素朴な疑問として、「キリ番申告って無理強いして楽しいんか?」というのがあるんですが。
私も喜利番を設けてます。でも、申告がなければ流れたまま。
「妖精さんが踏んでいったんやなあ」の一言でオシマイっす。
報告が無いのは寂しいけど、来訪者には来訪者の都合があるんだし。
自分の感情を押しつけても、ちっとも嬉しくないんじゃないかと思う次第でございます。

喜利番は『私が』楽しむ為のものですー。それで人様に喜んで頂ければおっけえみたいな所もありますんで。私が楽しくないことは、したくないんですー。それだけっす。


▼7.28.日
暑いあつーい一日。クーラーが利きやしない…

病院から戻った後、レンタル二本を鑑賞。
「破線のマリス」は救いのないお話でしたね。
「『素材としての画像』しか信じられなかった人間が、本当に大切なものは
フレームの枠外にあったのだと気づいた時、全てを失っていた」というものですかな。
解決作は「疑念と猜疑の対象と対話する」だけど、それが一番難しいとも言える訳で。
壮絶な勘違いと笑うのは簡単。だけど、小規模なことはしょっちゅう起こってるよなー、としみじみ思い返したりもしました。

で、「エヴァーアフター」。新解釈版シンデレラ、と話は聞いてたけど…。
胸の開いた、ずるずる引きずったドレス、お城の貴族達、綺麗な装飾品、舞踏会…はふうう…うっとりですわ(=▽=
しかも主人公のダニエル、気が強くて剣の達人で木登りもするし、しかも本が好きで聡明でかしこくて!
義母に苛められても、ちっとも負けてないあたり良いですな!
そんな彼女が王子様に恋をした時の表情に、こうなんつーか…ググッと、ね!
恋にときめく女の子って、どうしてこんなにキラキラしててかわいいんでしょ(うっとり)
何よりも、画面全体の印象がとても明るいのがステキ。中世独特の暗い影はなく、陽の光に満ちあふれた世界!
私の中のユメミルヲトメは萌えまくりです! そうよ、お伽噺はこうでなくっちゃ!! もう大好きです(>▽<

何のかんの言って、結局全部観ちゃったのねワタシ。明日返してこよう…(笑)


▼7.27.土
朝9時回って母から「今から新幹線乗るよ」と電話。届いてたFAXの時間は朝7:30。
昨夜は「甲殻機動隊」観たりして寝たのは午前3:00…眠いナリよ母上(=w=

新大阪までタクシー飛ばして母を拾って、後は地下鉄とモノレール乗り継いで病院へ。
妹夫婦+姪っ子も来て賑やかなお見舞いに(笑)
その後、ファミレスでご飯を食べて、妹のダンナさんの車で送ってもらいました。
明日はダンナのご両親様をご案内でス。

帰って「ソードフィッシュ」を観る。スマートなんだか野暮なんだかよく分からんかったにょ(笑)。でも有無を言わさずゴリゴリ押し進める迫力は凄かった、と言っておこう。
DVDじゃラストが3種類あるらしいけど、こっちはビデオでございましたヽ(´ー`)ノ
「おとーさんは娘に激弱!」ってのは万国共通だねー、うふふ。


▼7.26.金
ひとりでぼーっとテレビ観るのも味気ないんで、映画をどかっと借りてくる。
「MEMORIES」と「甲殻機動隊」と「エヴァー・アフター」と「破線のマリス」と「ソードフィッシュ」。

最初に観たのは「MEMORIES」。気に入りは第3話の「大砲の街」
パン&ズームのワンカットで観せる数十分の“世界”は余計な説明を省いてて、
観た後、いろいろ想像を膨らませる余地があって面白いですねえ。
第1話「彼女の想い出」、音楽は菅野ようこだったのかっ! と観た後で思い出したりヽ(´ー`)ノ
その後、今日は江坂へ。Zへの借り物を返したら、DVDを貸してくれた…(笑)
「シュレック」と「ヴィドック」と「セル」。やー、そういえば昨日の電話で話してたねー。忘れてたよ(=▽=
うわー、マジで映画漬けや(笑) あと4本、観る前に返すかも…うへへ。

そういえば、今日はえらくお腹が空いて空いてすいてすいて…。久々に入った東急ハンズは「FACTORY」でキッシュパイ→ケーキセットを食べてもまだ収まらず
Zのスパゲティをちょこっと分けてもらって、帰りにセブンイレブンでカスクートとカルピスソーダ買って、家で食べて、やっと落ち着いたのでした(=▽=
太るとか食べ過ぎとか言ってられないぐらいの空きっぷりだったさ。今は大丈夫ですさ。

明日は母と妹がお見舞いに来るので、病院へご案内。

…夏コミのゲンコさん、いつアップしよう(爆)


▼7.25.木 相変わらず暑い
「暑い」を「熱い」と書いても差し支えない気もするが(笑)
午後の外出の時は、クーラーは付けっぱなしにしてます。
西日がまともに当たるんで、戻ると床も壁もなまぬるくなってるんで。なにより、マシンへの影響がちと怖い…(^^;

昼は病院へ行って(夕方からごはん解禁。やた!)夜、Zから借りた「指輪物語」のDVDをやっとこさ拝見。
「指輪〜」と言っても、今年公開されたのじゃなく、78年ラルフ・バクシ監督作のアニメーション映画の方ね。
噂はかねがね聞いてたけど、ちゃんと観るのはこれが初めて。
ぶっちゃらけた感想で言えば、今年の「ロード〜」以上に淡々と進行。エピソードを流してるだけ、な感じ(笑)
「ゴクリに連れてかれたフロドはどーなんのっ!」と突っ込み入れてしまう終わり方(笑)
まあ、前後編に分けて映像化の予定だったけど、後編は作られずじまいだからだけど(=w=;
もっとも、これを観て、続きが気になって原作を読んですっかりファンになったピーター・ジャクソンが
後年『ロード・オブ・リング』の監督になったってのも面白い巡り合わせだなあ、とも思ったり(笑)

アラゴルンもエルロンドもおじさんって…まあ慣れりゃいいかなあ、みたいなもんだけど
バルログ登場には爆笑しちった…だって、3等身のオランウータンにコウモリの羽根が付いてるんだもん!全然怖くないんだもんー!
映画の出来としてはうにょうにょ…だけど、70年代後半の映像美術の有り様として、結構面白く観せてもらいました。
背景の着彩に「ファンタスティック・プラネット」を思い出したりもした私の思考は、ちょっと捻れてますかな?(−▽−


▼7.23.火 〜 24.水
火曜日
バイトが終わってすぐ江坂へ。銀行を回って一端家へ戻って。
保険屋さんやら市役所に電話して、それから近場の銀行で支払いを終わらせる。
これで午前中が潰れる。
あまりに暑くて髪が鬱陶しいんで、美容院に飛び込んでカットしてもらおう…と思ったら
いきなり1時間半待たされる(=w=;
「をいをい、病院の次は美容院かよう…ヘタなシャレじゃのう」とツッコミを入れる元気もなく。
だって昼ご飯抜きだったし。血糖値下がると非常に不機嫌になる私…こんなに待たされた美容院は初めてでした。
しかもマッサージもおざなりで、カットされた髪の長さも微妙に違うし。
もう行く事もないかなあ…2千円ちょいなのは魅力的だけど。

結局、予定が1時間ずれて夕方病院へ。顔色もだいぶ良くなって、身体を起こせる程度に回復してる。
相変わらず飲まず食わずだけど、まあ仕方ないか。

戻ってから、それぞれの家に電話で報告、
ダンナのメールチェック(開かずに置くだけ)、ダンナのサイトのBBSにご挨拶、近しい人に連絡メール。今日はそれでオシマイ。さすがに眠いや…

今日のφ(。_。):
美容院の待ち時間、手にしたヴォーグの片隅にあった一言
「“エレガンス”とは、拒絶することである」


水曜日
バイトから帰って、申し訳程度に掃除して早めに昼ご飯済ませた後、爆睡…
一段落ついて、ひとまずホッとしたせいかの(笑)
夕方から病院へ。出る直前、ダンナからTEL。「何かマンガ持ってきてー」…ヒマしてるのだな(=▽=
とりあえず、希望の「ファイブスター物語」10巻をカバンに突っ込んでおく。
ただ、希望してたもう一冊「ガンダムA」の最新号は明日発売だったらしい。残念(w

絶食中だけどごはんの話題(笑)。
ラジオでTV番組を聴いているダンナ、「きっちんぷいぷい」のコーナーはイヤホン外してるらしい
退院した後のご飯の話になって「冷や汁を食べてみたい」とのこと。
宮崎の郷土料理らしい…作り方のサイト見つけたんでメモがわりに張っておこうっと(ペタリ)

病院を出た後、最初にかかった病院へ行って、病状の経過をお医者さんに説明して。
晩ご飯は、近所に出来たばかりの回転寿司屋へ試しに入ってみる。…値段のワリにかなりイマイチ(==;;
なんかおいしくなかった…茶碗蒸しと地鶏の唐揚げは美味かったけど…って、お寿司ちゃうやん!