HOME



▼2.18.月
「『千と千尋の神隠し』、ベルリン国際映画祭で金熊賞受賞」の一報を新聞で読んでちょっと驚き。
「アニメが賞を貰ったんかあ」というより「あの世界観がヨーロッパに受け入れられたんかあ」の方が上回ってたんで。

映画、という媒体は、作り手の世界観を訴えると同時に、その国の生活感や価値観を伝えるメディアだ。
『千と千尋』は、“日本を土壌にしたファンタジー”という切り口で千尋の世界を描いてるが
同時に日本の持つ独特の『空気』をうまく切り取り、形にして観る人に伝えていたのだと思う。
それは神様や建物と言った、目に見えるものばかりでなく
千尋やハクや湯婆婆と言った人々の中に息づく思想や価値観、心配りに凝っている。
どの国にもない、日本にしか持ち得ないもの。日本人のクリエイターでさえ、気づいている人は少ない。
あの映画を観たユーロの人達は、それを受け止めてくれたのだろうか?

『千と千尋』という映画は、程良く肩の力を抜いて作ってあるから、純粋に楽しむ分には何の障害もない良い映画かと。
あの中で動く誰かの行動ひとつひとつに心を乗せて、素直に楽しめれば、映画もきっと喜ぶだろうし。

「世界観を受け入れる」と言えば、先日観に行った『ターンAガンダム 月光蝶』で、
映画が終わって館を出たとき同じ映画を観てた40歳ぐらいのカップルが先を歩いてたんですが。
その時、女性が「話は分からなかったけど、すごくわくわくした」と楽しそうに話してました。
ああ、この人、心の目を持ってるなあ、ちゃんと「お話に持って行かれた」なあ、と、ちょっと嬉しかったり。

『楽しむ』という心の動きは、理屈で考えてるうちは絶対に実感できないんだな、と改めて思ったものでした。


▼2.17.日 雨です
一日のんびりと。だけど内心汗が出てたり。
SWWW3で初GMに挑戦する訳で。その準備をぼちぼち初めてたりするです。
参加表明してくださってる方もいて、誰を選考しようか贅沢にも悩んでます。ありがたいことです(南無南無)。
しかもベテランさんとかいたりするから、もー緊張バクバクもんだよう、ああっ逃げたい私がここに(><;;
でもまあ、「バイトもキャリアも客からみれは同じ店員」ちゅー言葉もある訳で、やるって宣言した以上なんとかするしかねえよなあ(=▽=
開始は金曜日夜から。目指せ一ヶ月終了!(おー)

「ごまたまご」…やっと食べ尽くしました。
本当に1個で満腹になるですな。小さいのにあんなにお腹に「重い」おみやげ物食べたのは初めてです。
さすがに吹き出物に悩みましたさ(=▽=;;
侮りがたし、ごまたまご!


▼2.16.土
一日お絵かきの日。まあ、ぼちぼち進んでます。

精神年齢鑑定なるものを、ちとやってみたり。あっしは32歳。
「あなたの精神はそろそろ『中年』になろうかというところです。あまり若々しさは感じ取れなくなりましたが、人生経験を積んで、一人前の大人になりました。
もう『若者』ではありません」…うひゃひゃ

・実際の年齢との差-5歳
「あなたは実際の年齢より少し子供っぽいところがあります。
しかしそれは正常の範囲内で、心配する必要はありません。
ただし、『自分は少し子供っぽい』という自覚はしておきましょう。」
子供っぽいですかな? 確かに常識的イメージでいうところの「オトナ」とはかなり外れてますけどね。

・幼稚度32%
「あなたは小学校高学年並みの幼稚さを持っています。なんだかんだいってもまだまだ子供です。」
・大人度71%
「あなたはもう立派な大人です。十分に精神が発達していると思われます。」
・ご老人度25%
「あなたからは少し『おじいちゃんっ気』が感じられます。
このままでは確実におじいちゃん色に染まってゆくでしょう。」

一応、程良く大人らしい…(笑)

・あなたとお友達になれそうな人
「一休さん」

いやあ、どーなんでしょーねえ(笑)

もうひとつ、ファンタジージョブ占いは、土属性の「侍」でした。
内気で保守的な古典的ジャパニーズソウルの持ち主、だそーで(ぷぷっ)。
まあ、ほどほど当たってるって感じかにゃ。

ちゅーことで、今日は占いネタで。


▼2.14.木 〜 15.金
「その股ぐらにロケットパーンチ!」 ちゅーことで、はい、行って来ましたターンA。
『地球光』も『月光蝶』も、最初の展開に「おおう、こー来るか!」とびっくりしたけど、
話の流れに乗ってしまえばとても楽しめるものでした。
『地球光』はストーリーの畳み込み方が巧いなーと思ったし、『月光蝶』はある意味TVより解りやすかったですかにゃ。
まあ、50話を5時間に収めてあるからせわしない部分は否めないけど、
抽出された主題の有り様を堪能できたのと、TV版ののんびりした雰囲気が壊れてなかったのでOK。

そういえば、観ていると「最初のガンダムの映画版も、こんな感じだったなー」と思い出すこともあったり。
あの時はついて行くのが精一杯で、観た後感じたことを一生懸命考えてたけど、
今思うと、とても些末なことだったんだねー。
『考えて言葉に成した』気でいたのは、実は何処かから借りてきた他人の言葉で継ぎ当てして、
自信のなさを取り繕ってただけなんだと思い入ることもあったり。

あれから随分経って、頭だけの理屈をこね回すことを止めて、全身であるがままを受け止めようと思考を切り替えた今、
初めてものの見方が解ってきたような気がする。…ここへ来るまでが長かったねえ、本当に(−w−
さて、ここから先はどうなるかなあ。それはまたボチボチ考えようか。

ねりねりとリク絵なんぞ描いてたりしてます。スケジュールは結構つめつめだったりして。うひょう。


▼2.13.水
モーグルのスピードって凄いんだねえ。女子では実感なかったけど、今日の男子の演技観てびっくり。
確かに、あの早さでコブだらけの斜面を下るにゃ、相応の技術と体力要るわな。
と、つくづく思ったものです。

明日はダンナと一緒に劇場版ターンAを観に行きます。まずは「地球光」、翌日に「月光蝶」ですな。
割引券ゲットしたけど、それでも一人1600円。サービスディが利用できないのがきつい。
確かに学生さんにサイマルロードショウはきついですな。
イデオンのように、二本一気に出来るほどの体力は、もう映画界にはないんでしょうなあ。
こっちも金銭的体力なっしん。でも行くのはひとえに、このガンダムが好きだから。

私にとってガンダムといえば、最初か、ターンA。この2本だけ。
いろいろシリーズあるし、面白いのは認めるけど、ピンと来るものが無いのです。
まあ、私よりダンナの方がよく知ってるんで、詳しいことはそっちに振るとして(をい)

TVでターンAを観てるとき、ふと思ったのは
「『ガンダム』は、富野さんの中では死にゆくものなのだ。
だから綺麗なもの、美しいものをみせて死にゆくものを送ってあげてるんだな」
という直感。なんでこう思ったのかは分からないし、理屈で説明できないけど。
あるインタビューで、富野氏はこう語った。「人間関係って、もっとふっくらしたものでしょ?」
過去の作品であんなに人を殺しまくった人がたどり着いた場所。
ターンAガンダムのベースにある暖かい眼差しは、作者の深い心に根ざしている。

ガンダムは作者の手を離れ、ファンの好きだという気持ちだけが先行していた。
それら全てを内包してしまったターンA。この結論に至るまで20数年間の時間が必要だった。
富野氏は本当に本当に苦しみ抜いたと思う。苦しんで出した結論だから、ちゃんと私はつき合いたい。

今、こうして「私」が存在するのは、富野氏という作家があってこそ。とりあえず、落とし前はつけに行かないとね(笑)


▼2.12.火 今日も寒し
バレンタインを控えてTOPを更新。とってもあまあまな感じで(=w=
“チョコレートより甘いコト”、ちゅーことで(いひひ)
ついでにギャラリーサイトの一部を整理&アップ。アンジェリナは…まあ、そういうことで(逃げ)

正直、ちょっとぼーっとしています。なんだか集中力が持続しません。やっぱダメですねえ。


▼2.11.月 建国記念日
お店に行ったら、ストコンが新しくなっていた。
レジがおもちゃのようでおっかなびっくりだけど、すぐに慣れたのはご愛敬(笑)
なんつーか、やっぱ「キーを押してすぐ反応がある」ってのは気持ちいいっすねえ(−▽−

午後から難波へ。Zと沙門さんと待ち合わせして、日本橋の『ボークス』へ。
まだまだ買えないけど、眺めてるだけでいろいろ刺激を受けますなあ(うっとり)。
その後、「ちちんぷいぷい」で紹介してた文具の激安店へ。
ペンコーナーの試し書きにいつも書く「ぐらだま」を沙門さんに見られて
「それって文具店へのテロですね」って突っ込まれましたさ(−w−
あと、難波駅前のビルにベトナム風カフェが出来てました。
ジャスミンティーセットに付いてたマーラーカオがおいしかったにゃー。
良い店でした、また行きたいでし。

そいえば、ワンフェスで東京へ行ってたZから、お土産に「ごまたまご」を受け取り。
おいしいけど、1個でお腹が張りますな。
秋光さんから頂いた「ちぃずまんじゅう」も、おいしくてお腹いっぱいになれます。
でも血糖値もアップさ(てへ)


▼2.10.日
京都オフ2日目、カラオケでセッション。
集合は午前10時。間に合うよう7時半に起きて8時半に出立。
乗り継ぎがうまくいってJR京都駅到着が9時45分。
でもなんやかんやあって、結局全員集まったのが11時過ぎでした(苦笑)

セッションはGMでのいわゆる『戦闘処理経験』がない私の練習も兼ねてのものでした。
メルベイユ、カトルカース、プレッツェルちゅーSWWW一期〜三期PCでパーティを組ませてNPCで登場。
正直、新しいNPC作る時間が無かったんで、急遽使い回したんだけど…
ちょい役には便利いいですね、この三人(笑)。
後半はオープンデータ、オープンダイスで処理。正直、戦闘はかなり及び腰だったなあと反省。
でも、初めての生の感触は得るものは多かったです。PLさんから、いろいろ意見を聞くこともできたし。
全てがはっきり分かった訳じゃないけど、なんとなーく、もやってるのが形に見えてきたかなー、みたいな。

その後、別卓のセッションがまだ終わってなかったので、
空いた時間を利用して、私の用意した敵データを使って、げんさんがGM。
戦闘のみの戦略セッションでしたが…使う人によってこうまで頭を使わせるかなって感じで興味深かったです。
…あと「偉大なり『スネア』&『デストラクション』!」ですかな(笑)
私のGM業はかなりヘタレでしたが、まあ「一粒で二度おいしかった」ということで(=w=
今回は本当にセッションというよりは『勉強会』と言った方がよかったですにゃ。

終了後、5時を回ったので一足先に帰宅。お疲れさま、楽しかったですにょ〜(^^

でもアレですね。TPRGって頭脳労働ってコトを改めて思い知りました。
この数日間の準備と今日の本番とげんさんセッションでノーミソくたくた。
今夜は早く寝ます。おやすみなさい〜(−w−Zzz


▼2.9.土 ソルトレイクシティオリンピックの始まった日
開会式の前半を見損ねて、入場行進が観れなかったにゃ。

今日は京都で「太秦扮装オフ会」…でも、お金を使えない私は、家で明日のためのシナリオ作り。
…行きたかったようよう(;w;

んで、シナリオ作ってるとZから電話。
「あんな、『地獄の黙示録』の特別招待券貰ってんけど…行く?」「行かいでか(=▽=」
前回、観る機会がなかった映画だったから観たかったんですよう〜。
『ロード・オブ・ザ・リング』に続く3時間映画(いあ、これはもっと長いね)の2本目でし。
ビバ!ただ映画♪(小躍り) 浮いたお金で『ロード〜』のサントラ買うにょ!←だめじゃん

夜のIRCで面白い話が聞けたのでφ(。_。)
元の発端は、私が感じた疑問だったんだけど。「そもそも、シナリオの『難易度』って何を指すの?」
実は作る立場になって、端と気が付いたんですよ。
モンスターのデータの強弱だけを問うなら、TVゲームと何ら変わりないし。
いろいろ興味深い答えが返ってきたですね。一般的な解説から始まって
一番究極的なのが「そもそも『難易度』なんて存在しない」(笑)
「同じシナリオでも、『会話の流れを読み適度な所でヒントを出すGM』と
『PLを放って、動きの悪さに不満を言うGM』、PLにとってどっちが難しいと思うか?」という例題を元に…まあ、つきるところ「表情とコミュニケーションよく見ることが一番大切」というのが結論を出されたのでした。

講義(笑)の最中、モーグルの予選を横目で見ながら。さすがに途中で寝たけど。
銅メダルを取ったことを知ったのは、翌日目が覚めてからでした。


▼2.8.金
京都オフ会参加のため、秋光さんが来阪。んじぃさんとこれまた大阪へ来ていたD.ますたーさんの三人でお迎え。
秋光さんご指定の『東方茶藝館』で、いろいろお話。入店したのが1時過ぎ、気が付くと6時。
夢中になって気が付かなかったけど、気が付けばお腹がお茶でたぽたぽだった(笑)
JRまで秋光さんとますたーさんをお見送り、ゲーセン行きのんじぃさんとも別れて、
三番街のジョーシンで映画版ターンAのサントラを購入
…と言っても、ポイントカードを使ったんでお金は払ってません(笑)

CM観たときから気になってた主題歌『AFTER ALL』。
いやあ…いいですこの曲。本当にいいです。理屈じゃ説明できません。いいものは、いい。それだけです。
カラオケ入ったら歌います。全部英語だけど(;w;


▼2.7.木 ほんのり黄砂が飛んだ日
ぼちぼち花粉症が言われてます。
今年は「少ない」とも「平年より1.3倍」とも言われてます…どっちがホンマやねん!
ダンナはすでに花粉症対策に入って、病院からもらった薬を服用してます。
お陰で今のところ大丈夫そうですが…。
でももう、洗濯物は外に干せません。こんなに晴れてるのに〜。ぶちぶち。


▼2.6.水
やたら眠い日。睡眠時間5時間、バイトから戻って4時間、昼ご飯食べて3時間。
…寝過ぎやちゅーねん自分(==;

妹からの内祝いが届く。別に気を遣わなくてもいいのにーといいつつ、ありがたくいただく。
電話を入れると、ちょっと風邪気味だとか。
3ヶ月を過ぎた姪っ子は、大阪へ来て最初の一週間はよく泣いてたそうで。
実家では爺ちゃん婆ちゃんにすぐ抱っこしてもらってたけど、大阪はそれが無いからねえ。
でも、適当にほったらかしてたら、そのうち慣れて泣かなくなった、とのこと。
…ええかあちゃんになれるわ、妹(=w=


▼2.5.火
今日は3年に一度のガス点検です。いろいろチェックしてもらって、異常なし。
ひとまず安心です。次は3年後。そのころ、私は何してるんだろーねえ。

先日答えた「100の質問」以降、他にもないかちょっと調べてみたら
いやーあるわあるわ。ちょっとした流行りみたいですにゃ(−▽−
とりあえず、TRPGで2本、文章で1本答えてみましたが…
こういうのって直感でパタパタ答えるんで、かなり本音が出るのも確かさ。
ただ、質問がだぶってくるんで、ものによっては同じ答えを何度も書くはめになるのよねえ。
まあ、仕方ないけどね(笑)


▼2.4.月 立春
明けましておめでとうございます(笑)
2002年の立春で、二十四節季ひとめぐりしました。一年って早いですね(^^
今年もそのまま、この暦で続きます。確かに、季節の流れがよく分かりますからね。

小説サイトの、頂き物の『迷子の瞳』のリンクの張り直ししました。
ここもしばらく手を入れてないっすねー。なんとかしなきゃーしなきゃー…(遠い目)

ちょっと調べもので「私の人形は良い人形」の作詞者を調べようと検索したら、ヒットしたのは山岸涼子のマンガ関係ばっかし(笑)
でも、どの書き込み見ても「恐くて夜寝られなかった」「おっかなかった」でしたな。
確かにこのマンガは恐いです。本気で恐いですが、この人の作品の中で一番恐いのは「汐の声」。
恐いというより、後味がげろわる〜って感じで。
幽霊が出てきてキャー、以上に言ってることが信じてもらえない状況が一番つらいんですよ、ええマジで(−w−

他に恐い話は…小学生の時に読んだ美内すずえの「白い影法師」が恐かったー。
あと、古賀新一のひばりコミックスなんか面白がって読んだ口ですかにゃ。
昼間は平気なのに、夜になると恐くなってトイレに行けなくなるのがお約束です。
今は昼も夜も平気です。でなきゃ「ほん恐」買ってられましぇん(−w−