HOME



▼3.3.土 〜 3.4.日
土曜日 桃の節句
うららかに晴れてます。雛の宵のお祝いは、シキシマのどらやきです。
菱餅も白酒もない、じみーなお祝いです。
外から戻ると、鼻がむずむずしてくしゃみがでます。花粉症かなと思ったり。

日曜日
映画で観損ねてた「13ウォリアーズ」がWOWOWで放映。ビデオセットしつつ観る♪
一言でいえば、「北欧版七人の侍」。それもアラブ人の目から見た、ってのがユニーク。
言葉が分からないけど、旅路の間のヒアリングで少しずつ覚え話せるようになるっていうのが、
「アメリカ映画にしては手が込んでるなー」と思ったり。
時間が短くて各人物の性格や人間模様の掘り下げが足りない点もあるけど、それは脇に置いておっけえ(>▽<
むくつけき男どもが剣を振り回して戦う姿は、もーほれぼれしますよ。かっちょこええっす、もうマジで!
わたしはこれが観れただけで大満足っす。 


▼3.2.金
今日の映画は「ドグマ」です。ケン・アフレック&マット・ディモンの堕天使コンビが、
「教義(ドグマ)」の隙間を突いて天界へ戻ろうとするものの、
彼らが戻ったら世界の摂理が根本から崩れ、この世の全てが消滅する。
そりゃ困る! と言うわけで、メタトロンの天啓を受けたキリストの末裔である女性が、
しぶしぶ“予言者”や“使徒”や“女神”と共に妨害へ…ってな話。
観終わって一言…「結局、人も天使も悪魔も、神様の愛が欲しいんだね」に集約される映画でした。

ファンタジー・コメディって位置づけらしいが、話が進むにつれかなり真面目な展開に。
いや、確かに宗教や現社会の有り様についての、揶揄と皮肉に富んだ会話は飛び交って笑えるけど。
たぶん、カトリックのなんたるものかを心底理解して、初めて笑えるものなんかなー、と思ったり。
嫌いではないです。でも、ちょっと長すぎとも思えたり。編集次第でもちょっと何とかなったか?
バートルビー(ケン)&ロキ(マット)主人公格の二人が、完全に脇に食われてるのもつらいところ(^^;;

閑話休題。
あるひとつのこと…仕事じゃなくて趣味と思いねえ…に関して。その趣味を持つ人に
「それって楽しい?」 と尋ねて見たとき。
1.「しんどいよ、人間関係荒んでるしあの人はああだしこの時が最悪だし…」と、
むっつり顔で愚痴をしこたま吐かれた場合と
2.「しんどいよ。人間関係未熟だしツメの時キツイし、でも楽しいし面白いし…」と、
笑顔で教えてもらった場合。
どっちか「趣味の内容」まで興味をそそられると思う?

ひとつの「やってみたいこと」を見つけて、それをやるにはレベルが全然足りなくて、でも
「やってみたいなあ」って呟いたとき。先輩格の人から
1.「やれるもんならやってみろ」と、軽蔑の眼差しとともに吐かれた場合と
2.「うん、じゃあやってみようよ」と、笑顔とともに誘われた場合
素直にやる気が出せるのはどっち?

「どっちの対応が正しい/間違ってる」って話ではないのです。
ひとつの道を続けていく厳しさや苦労は当然あるし、理想が高いほど、周囲とのギャップに苛立ちを覚えるだろうし。
そういう苦しみを知ってこその、愚痴や苦言と思うデス。
ただ、これは客観的に見た上で、第三者に「自分のやってるとこは楽しいよ」って、伝わっているかどうか、の話で。
同時に、尋ねられた人自身が、本当に楽しんでいるのか、というバロメーターにもなる訳ですわ。
実際、その趣味が本当に楽しくてやってるとき、特に強制しなくても周囲の人間が始めだしたって事例もよく聞くしね。

なんでこんな話になったかと言うと、昨夜のIRCでm4さんが話してくれたことから考えたのです。
「好き/嫌い」「正しい/間違ってる」のしがらみ抜きで、
自分に無い(あるいは圧倒的に足りない)価値基準を持つ人の考えに触れられるのは、やはり幸せなことだな、と思った次第です。


▼3.1.木 曇り
ビデオ屋行って一気に5本借りてきました。本命は「X−MEN」です。意外に短かったですな。
…うん、確かにウルヴァリン、カッチョよかったさ。
私のお気には…サイクロップスかのう。いやあ、あの若造っぷりは観賞用に最適ですな(をい)
こういうと、Zにすご〜く驚かれたよ(笑)
でも、ストーム様には及びませんわオホホホホ
ちなみに、「セイバートゥースって、ホントはあんなにつぶらな瞳じゃないのよう」とは、Zの叫びですじゃ。

続けて「催眠」を観ましたです。まあ、「面白かったよ」って言えるレベルではあるけれど。
…う〜ん、目の前で起こった「恐怖」の原因って、全部説明してもらったほうがいい?
確かにその方が安心は出来るけど。
「女優霊」を観て以来、「予定調和の恐怖より、非確定要素をこっそり混ぜたままほったらかして終わる恐怖」に
より面白みを感じる自分を見つけたりして。
あ、役者では宇津井健がなかなか良い味を出してましたな、うん。

そんな訳で、映画にすっかり見入ってしまって、TOP絵がうにょらーです。
「観ながら描こう」と思ってましたが、やっぱ自分って「ながら作業」の出来ない人間ってのを実感ですじゃ(=w=


▼2.28.水 雨
晴れて、降って、暖かくなって、寒くなって。冬と春のせめぎ合いが続いてます。

今日でバイトが終わりました。長い間勤めてたけど、終わるときはあっと言う間ですな。
昨日今日と全品半額、ってのもあって、今日来たとき、商品はほとんど残ってませんでいた。
かく言う拙者も何品か購入。一枚250円のリンツ製の板チョコ4枚とか。
もちろん今夜のご飯は、そこで買った食材で作りまっせ(=w=

いろいろありましたさね。
支払い最中にふっとメディテーション入るおじいちゃんとか、
英国紳士風の外人さんとカッコイイお兄ちゃんのカップルとか
どやどや入ってどやどや去っていくガテンなおっちゃんとか
学校始まる時間になっても、座り込んでマンガ読み続けるブリーチな女子学生とか
カッコはいいけど行動にしまりのないヤンキーのお兄ちゃんとか
(「頭にオムツが必要な人種」ってのは、我ながら迷言だと思うよ…)
あ、そういえばヤシロもどきのカッコイイお兄さんも! 一見さんだったのが惜しいなあ
山岡そっくりなおじいちゃんとも、もう会えないなあ。
近所のおばさんには「不便になるね」って残念がられたですわ。
確かに近所にセブンイレブンがあるけど、2〜300メートルはあるからねえ。
老人にはちょっときつい距離ですわね…
たまに困ったちゃんなクレイマーさんは来るけど、まあ、人間いろいろってことで。
マンウォッチングにはほど良い場所でもありましたし。

そんな訳で、明日からプーです。「遊ぶ金欲しさに」バイト探さないとね〜(=w=


▼2.27.火 めっちゃいい天気
「平屋の家屋で、父親が自分の娘二人を人質に取っていた。
一階の窓を開けて、妹(5〜6歳ぐらい)を抱え、両手には出刃包丁を持っている。
すごい剣幕で要求を出しながら、窓の縁に娘を仰向けに寝かせ、ギロチンのように右手の包丁を喉元に当てた。
それでも妹と、父親の後ろにいる姉は、母親に手を出さないでと懇願していた」
お昼寝の時に見た夢。すっげえ寝覚めが悪かったよ。久々に気分が重かった…(=▽=;;

プレッツェルのデータにアイテム追加。例の「悪の書」は人生の汚点になるかも(笑)


▼2.26.月
小説が進みません…(=w=;
書きたいことはあるけど、、イマイチ気が乗りませんです。
出来るのかぢぶん! ぷはー。

政治的な話じゃないけど、話の流れで出てきたんでちと拾う。
額田氏の贈賄疑惑を追及してる辻本議員が画面に出てきたとき、
この人中傷文ばらまかれたんだよね、って話が出て。
ピースボートっていろいろ問題あるからなあって話がぽんと出てきた。
ちょっと、待ってや。
「ピースボートの活動もいろいろ問題があるからなあ」って言っても
「中傷文ばらまかれてもいい」って理由にゃ、ならんだろ?
それはそれ、これはこれじゃない?
なんでもかんでも一緒くたにして、自分で自分の目を眩ませるようなことしたら
本当に何にも見えなくなるんじゃないかい?

自分の気に入らないことを他人はする。
当たり前なんだよね、この世の全ての人が、自分の為に生きてる訳じゃないんだから。
それ考えると、余計に自分の感情のはけ口の理由付けにして、人様の批判(中傷)はできんのよ。
無意識にきっとやってるから、せめて意識してるうちは注意しておきたいんだけど、難しいですわ。

▼2.25.日 真冬並の寒さに
…、と言うわけで、ダンナの退職がほぼ9割方決まりました(=w=
先月末からいろいろあったんだけど、ここに来てだいぶ固まりましたかな。
早ければ3月中に辞めるそーです。我が家の21世紀、とてつもなく激動な始まりでございます。
職探しのほう、夏ぐらいまでに決まらなかったら大阪を引き払うことになるでしょう。
私のバイトも今月いっぱいでおしまいだし、さて、どうしましょうかねえ。

そういえば、今年のおみくじは大吉でしたわね。
たぶん、動け動けって神様が急かしてるのかもしれない…ふふふ。


▼2.24.土 雨の土曜日
坂本真綾のCDは「ハチポチ」ていうシングル集で、随分前に出たものですが。
たぶん、私が好きなのは岩里祐穂さんの「詩」にあると思う、とふつふつ考えるようになった。
もちろん菅野ようこ作曲ってのもあるけど。
何というか、一見口当たりのいい言葉だけど、実は現実的なものをぱっと突き付けてる。
以前、日記に載せた
「守るべきものなど何もない/壊されるべきものだけが/ただ、僕のこの手にいつもある」
って一節も、岩里さんの詩です。
でも、無責任に聞き手へ放り投げるだけじゃなく、もっと高くて広い視点からの眼差しを感じる。
「もっと遠くへ行けるよ、さあ、一緒に行こうよ」 って、誘ってもらえてるみたいです。
自分が生きる力は、有形無形関わらずいろいろなものからもらっているんだな、とこの数ヶ月良く考えるんですが、
その一部は、たぶんここからもらってるのかも、と思います。
一番好きなのは、CD「DIVE」に収録されてる「ユッカ」って曲。
歌詞は乗せません、曲を一緒に聴いてこそ、真価が発揮されるものなんで♪
カラオケに入ってたら歌うんだけど、どこにも入ってない(><;;
もとより、岩里・菅野コンビの曲はあんまりないんですよねー。
ロードス島戦記の「奇跡の海」とか、CCさくらの「プラチナ」とか、ビバップの「リアルフォークブルース」とか。
目立ったところでそれぐらいかな?
(前2曲のVoは坂本真綾、「リアル〜」は山根麻衣でござんす)
まあ、「ハチポチ」聴いたから、たぶん次からエスカフローネの曲も歌えるかも。

そういえば最近、地球少女アルジュナのテーマも岩里・菅野・坂本だったかな。「マメシバ」だっけ、タイトル(笑)
アニメの方は「…十数年前の私なら好きになったかも。でももういいかな、一話見ただけでお腹一杯になったし」
てな感想で終わってしまったが(核爆)
好きな人には申し訳ないが、「菅野ようこが好き!」だけで観るには、ちょいつらいかな…年を取ったねえ(^^;
でも、カラオケに入ってたら歌うよん(=w=


▼2.23.金
4月下旬並の暖かさ。セーター脱いだ上にコートを羽織っただけでも充分。

マスターズ終わったと同時に文芸部着手。タイミングいいと言うか何と言うか。
2月は28日までなんで、実はあまり余裕が無かったり…
さて、ちゃんと人様に読んでもらえる形にまとめられるかどうかですな(てへ)
それに関連して、ちとロシア(スラヴ)関連の民話や神話も検索中…でも、あまり資料は無いみたいだな…ふむ。


▼2.22.木 ぬくい、ぬくすぎる…
SWWW3で参加していたマスターズアドベンチャー、終了。…ほんとうに一月で終わった…(笑)
BRPG(BBSで進行するロールプレイングゲーム。この数年間参加してみて、TRPGとは別物、と結論づけましたので、これからはこう表記します)は、2〜3ヶ月かけてじっくりゆっくり物語を練り込むっていう魅力があるけど、私はやっぱ一月〜一月半が限界っぽい。
心理的に余計な負担がかからないから、気が楽でいいです。
“物語を練り込む楽しみ”は小説で味わえると改めて実感して、BRPGに求める必要をそれほど感じなくなったのかも。
時間をかけることや、それの方が好きという人を否定しません。
その方がより充実した時間を過ごせるし、私もそっちの方がより濃く楽しめると知っていますから。
ただ、気力が付いていけなくなった、それだけです。
軟弱とか弱腰とか呼んでもいいです、本当のことだから。
私の心は弱いから、負担を背負いきれないあまり、ゲームそのものを嫌いになったり、
関わる人々に対して歪んだ憎悪を持ってしまう。それを考えればずっとマシですわ、うん。


▼2.21.水
そんな訳で、5年間勤めてたコンビニ、月末に閉店と相成りました。
朝5時起き生活もしばらくおさらばにございます…ははははは。

それが原因とはおもえんが、今日の私はちとヘンです。
梅田へ出たのはいいけど魔がさして(?)、AVALONメイキングDVD、カウボーイ・ビバップDVDの1,2、
坂本真綾CDを一気に買っちまったよ…。いわゆる衝動買いさね(遠い目)
でもカードを使ったってのがねえ。
衝動買いってのは、ぱーっと現金を使うってイメージがあるからねえ…
しかし、意外と気は晴れないもんだね、衝動買いってのは…はあ。

AVALONメイキングは、前半はともかく、後半「迷宮仕立て」ってのがちとうざいっす。
…ま、いいや。ポーランドロケの様子がよく分かって面白かったし。それだけでも買った価値あったよ。
んでもって、今のBGM代わりにビバップ流してますうへへへ(腐)

そういえば、ホワイティ梅田(地下街のひとつね)から泉の広場に向かう中、
いつも混んでて入れない「メアリルボーン」って茶店があるんだけど。
今日初めて入りました。外見からの期待に背かず、10人も入ったら一杯になる英国風喫茶店ですわ。
ここで頼んだ『カラメルティー』、実はかなりの衝撃でした。
カラメルの薫りのついた紅茶で、ようするにフレーバーティーなんだけどね。
このミルクティー、コクがあるというかすごく合うというか…びっくりものでしたっす。
こういうお茶もあるんですねえ。

…今日も早々に寝ます。倦怠感があるし、目の奥が痛いんで(><;;


▼2.20.火
いろいろあって中断していた『星を追うもの』の取り込み作業を再開。
残ってた2冊目の半分を一気に取り込んだら、めっちゃめちゃ疲れた。
眉間がほんのり痛いです(=w=;
んな訳で。今夜は早々寝るです。うああ。
でもその前に「プロジェクトX」は観るです。今夜は日本初の南極探査の物語・後編。
前編の「昔の日本には、男気のある人がいっぱいいたんだねえ」と目頭が熱くなったものです。


▼2.19.月 気温13度 暖房はこたつだけ
最近、夜が明ける時間が早くなってます。家を出ると空がうっすら白んでるのが見えます。
近所の畑もいつのまにが耕され、おじさんが何か植えてます。
でも、一番“春”を実感するのは…ハウスの「フルーチェ」のCMを観ると、かな(笑)

朝、いつものようにバイトへ行ったら、店のガラスの一枚が派手に割れていた。
なんでも、私が休みの間に車が突っ込んだらしい。
散乱したガラスが残ってて、未だ痕跡は生々しい。
店そのものも、閉店になるとかならんとか。この先、どーなるんだろう…(=▽=

「大阪地下街をより歩きやすいように、ナビゲーションシステムでの案内サービスを導入」
ってニュースを聞いて、ふと思い出したSFのタイトル。
堀晃氏が書かれた『梅田地下オデッセイ』って言うんだけど。
実は読んだことなくって、作品自体もだいぶ昔のものだから、本屋ではまず見つからない代物だったんですが、
検索してみたら…ありました、堀晃氏のHPに本編が。
私の記憶だと「宇宙人が攻めてきた地上で、人々が梅田地下街を拠点にレジスタンス活動を行う話」だったのに。
本編はじぇんじぇん違うざます。一体どこで吹き込まれたんだろう…かなりナゾだ(=▽=;

コンテンツの中の「カイエ」を削りました。
ゲームの感想…といっても、全然やってないし、映画や本の感想は日記に書いてるし。
別の形で変更できれば、その時はよろしくねん(−w−


▼2.18.日 雨水
今日は「雨水(うすい)」です。「雪が雨に変わる頃」だからだそーです。
確かに、風はまだ冷たいけど、日射しはほんのり柔らかくなってます。
早咲きの梅もそろそろ見頃ですな。

「悪女占い」ってのがありまして。私は「マリー・アントワネット」だそーですー。
「ちやほやされたいブランド主義女」で、「楽観的で開放的。流行に敏感で、世渡り上手」で、「第一印象で人に気に入られるのが得意」で、「虚栄心が強く、無思慮で、ワガママな見栄っ張り。男はしょせん"おもちゃ"と割り切っているし、飽きるのもはやい。
先のことはまったく考えていない快楽主義的なライフスタイルをおくりたがる」…だってさ。
おとこはおもちゃなのか…ふふふ(−w−