HOME



▼2.17.土
ダンナのサイトに、「アラシ」さんが来ているらしい。バイク乗りって存在自体気に入らないみたいだけど。
言いたいことも満足に伝えられず、子供みたいにダダこねてるだけってのもねえ。
ある意味、可哀想な人と思うけど。

歩行者でいるときは、あらゆる乗り物が邪魔でしかなく、
自転車に乗るとトロトロ歩く歩行者が目障りになる。
バイクで走ると自動車のマナーの悪さに腹が立ち、
自動車に乗るとバイクがうっとおしくてイライラする。

「自分の見方」が大事と言うけど、立場そのものに左右される自分の目と気持ち。
揺るぎない“心”は、時間をかけて育てなくてはならないのだけれど。


▼2.16.金
プロジェクト「O」発動日。
お昼きっちり、しびぽんさんとRumialeさんを駅に迎えに。
その後は家で初めて作った「オムソバメシ」を出す。好評だったんでよかった〜(笑)
ただ、量の調整がうまく行かず、今もフライパン半分オムソバが残っている。これは明日のお昼ですな。
ところで、食後のおやつにケーキを買っておいたら、二人ともケーキを買ってくれていた(笑)
なので、「アンテノール」のプチフール&「らぽっぽ」のポテトアップルパイで紅茶を頂くことに。
ワタシの買ったケーキは…晩ご飯となりました(=w=

夜、ZからTEL。「呪いのどくろのことをTVでやってるよ〜」と報告。
ここ最近、怖い番組となると、なぜかお互い連絡を取り合って観ていゆ(−w−。
ちなみに今夜のはうさんくささ爆発。かつての水曜スペシャルを彷彿とさせますな。
でも、サバンナの真ん中で、トラブル続きで荒れながら仕事してる撮影スタッフ見てると
「冒険中の冒険者って、こんなかんじかなー」と穿った目で見てる自分に気がついたり(=▽=


▼2.15.木
プロジェクトオムソバメシは明日に延期になりましたー(笑)

TOP更新。構図は前からあったんだけど、なぜだかすっごく描くのに苦労したっす。
一体なにに苦労したのかよおわからんっす(^^;

さて、2月末から豊中市もフレッツサービスの範囲に入る、ということで、
うちのIT計画(笑)がにわかに浮上。
相談の末、ISDNでなく、ADSLにすべえってことに固まりそう。
ルーターの準備や、プロバイダとの契約はどうなるんだ?等々、目下調べちうです〜


▼2.13 火 〜 2.14 水
火曜日
「AVALON」サウンドトラック欲しさに、心斎橋まで足をのばしてみるも玉砕。
やっぱダメだ〜〜、いつか見つけた時にぱっと買うに限るかな。
帰りに心斎橋大丸のヴァレンタインコーナーで、リンツ製のチョコレートを買う。
ダンナにあげゆの〜、を口実に自分もぱくぱく食う。やっぱスイス製はんまいわ(=▽=

ダンナは「カムイ外伝」のDVDが欲しいらしい。私はカウボーイ・ビバップのDVDが欲しい。
毎月一枚ずつ買おうか、と言う話に。
TOPをヴァレンタイン仕様にしたところで、力つきて寝てしまった。昼寝抜きだとやっぱつらいのう…(=w=Zzz

水曜日 ヴァレンタインデー

なんと言うか…この国の首相ってどこまででも「村の村長さん」レベルなんだなーと思う。
(いや、これを言うと真面目な村長さんに申し訳ないが)
危機管理とかなんとか言う以前の人が、なんでここにいるのかな。
ああ…去年の選挙でわしらが選んだようなもんだな(へっ)
アメリカの言うことをへーへー言うだけじゃダメなんだよう。
強く出る相手は記者じゃないだろーが、とかTVに突っ込んでも虚しいわ…
周囲も退陣論出てるようだけど、「選挙対策」ってのが見え隠れしててすっげえやだ。
一番無念なのは、被害者や関係者や、現場レベルで動いてる人達だろーに。

Zからパンフロを開発した「ソユーズ」のHPを教えてもらったんで、ゴーインにリンクを張る(笑)
神官さんの喜利番だったメッセントゥルカ嬢のキャラとアイコンもアップ。これでひとまず落ち着いたかな。
そういえば、捧げものカトルカース(笑)ワンディのつもりだったけど、新しいTOPの仕上がりに、
時間がかかりそうなので、もうちょっと頑張ってもらおう(=w=
明日はプロジェクト「O」の発動日だ… 


▼2.12.月 振り替え休日
月曜日がお休み、ってこともあり、昨夜は「ビリケン」を観てしまった。
そう、新世界は通天閣のビリケン。和製現代ファンタジーってところ。観るのは2回目ですな。
この手の映画、実は好きです。嫌みもなくきれいにまとまってて、とても手堅い作りだし。
脇を固めてる人もクセありすぎやし。そいえば、関西在住劇団員も総動員でしたな。
リリパット・アーミーの方々も出てたとわ知らなかったっす(笑)

夕ご飯、TVでやってた『牛肉とほうれん草の卵とじ』を作ってみる。
あくとか取ってないのに、あくの味がしないと、かなり好評。
この料理を紹介した料理研究家のおじさん、よくこんなことを言ってます。
「あくは取る必要はありません。あくも味のひとつ、個性です」


▼2.11.日 建国記念日
この季節、花粉症+アレルギーでダウンするダンナが、防塵マスクを買ってきた。
普通のマスクでなく、防塵マスク。4千円もしましたよ。ぱっと見は、「ナウシカ」の腐海マスクみたい。

「仕方ないけどね」とか、「あなたがそう決めたのなら」って言葉を結ぶ時って、
内心めっちゃめちゃ形容しがたい気持ちで揺れまくっている。
自分は納得してないけど、状況を鑑みるに納得せざるを得ない、そんな場合が多い。
ぐちゃぐちゃ言ったところで、どうせ話なんか聞いてくれないよな、という勝手な思いこみとか、
勝手にしろ! てな不条理な苛立ちとか
どうしようもないよ、自分の手に負えないんだからと、前もってあきらめたり…たいがい、マイナス感情だったりする。

そんな時って「給食の献立に嫌いな野菜が入ってて、どうしても食べられず、
5時間目の授業が始まっても、半べそのまま食べあぐねている」時の心情に似てるなあ、と思ったり。
食べられないおかずは、目の前の状況や人の心。
ひと思いに食べれたら、私も楽になれるんだけど、なかなか喉が受け付けてくれない。
そんな感じによく似てる。

それなりに生きてると、すっぱりふっ切れて気持ちいい時間は短く、
割り切れない気持ちを抱えている時間の方が長いことに気づく。
食べられないおかずの皿は増える一方で、それを抱えたまま、私は一人でとぼとぼ歩いている。
隣を行く人々は誰も振り向く気はない。なぜなら、みんなの手にも溢れんばかりの皿でいっぱいだから。


▼2.10.土
妹がうちに来る。顔マッサージの日。実は今年初めてですー。
実は去年末から、妹を心霊コミックにはめました。
「ほん怖」の玲子さんとか視っちゃんとかのシリーズですな。
ものの見事に面白がってくれました。てか、好きなんですよお互いに、くけけ(=▽=

夜、イラストのラフをシコシコ描く。次のTOPはオリジナルですね。
今使ってるクロッキーはmaruman製。
メーカーを聞いてもピンと来ないかもしれないけど、店で見たら「ああ、これね」って納得してくれるかも。
一番よく使われてるせいか、手軽に入手できるのはいいけど、欠点が発覚。
スキャナで取り込んだら、消しゴムで消した跡が黒く写ってしまうんです。
お陰で消去作業に時間がかかって、手間が増えてイヤ〜ン(−−;;
まだ1/3も使ってないけど、Tooのクロッキーブックに買い換えようと、固くココロに誓ったのでした…。


▼2.9.金
パンフロbisのストーリーモード、まだ一面もクリアできやせん。
ぼーっとしてるつもりないのに、あっという間に側面打ち抜かれてENDっす。なんてヘナチョコなのっ!
「めっちゃくやしい〜」というよりは、「微妙にくやしい」んです。
なぜなら「あそこをこう動けば、うまくいくかも」ってついついリトライ繰り返してしまうんですな。
先が見えなさそうで見えるところが、「微妙」ということで(笑)
これは「動き回って射撃」が基本っす。命がけの鬼ごっこでございます(=w=

13000の喜利番踏まれてしまいました。
ついこの前、12000のを描いた記憶があるんだが…。最近ちと回転が早いのかのう(笑)
と言うか、喜利番前後は早いのだね、うひひ(=w=


▼2.8.木
ぱ…ぱ…パンフロ〜〜〜!!(>▽<;;
買っちゃいました、『PANZER FRONT bis』 今日発売、速攻です(笑)
ゲームは久々…と言うより、プレステ2買って初めてまともにゲームするんですな。
画面を観た瞬間…「鈍色やあ」 懐かしかったですよう。
でも、いざ操作を初めて「アレ?(^^;;」 実は戦車の操縦方法が若干変わっているんですな。
本当は「パンフロ」の方が正しいらしいんですがね。
余計な演出いっさいなし、「任務を果たしたら「コンプリート」の表示がでるだけっす。
「激ムズ」と聞いてたけど、マジ難しいですわ。もう鈍色の比じゃないっすね。
横っ腹見せた瞬間、撃破されましたからねえ(=▽=
ストーリーモードはまだ見ただけ状態っすが、さて、どーなることやら。
攻略本はコーエーから出るらしい…コーエーか…ジルオールがハズレだったからなあ…。
まあ、こういう本は出版社より編集スタジオで見る方が吉なんだけどね。
今夜は分厚い取扱説明書読んで研究にょろ(=w=

夕ご飯の準備の時。
納豆を小鉢に入れようとして、うっかり汁碗に投入してしまった。…もちろん、まだ何も入ってないやつね(笑)
小鉢に移そうと思ったが、洗い物が増えるのはヤなんで、結局、
「汁碗に納豆ご飯たまご入り、茶碗にみそ汁」ちゅーパラレルな食卓でご飯を食ったさ。
あ、私のだけにょろん、念のため(=w=

「年を取ると、考え方がシンプルになる」
ジャスヴォーカリストの鈴木重子さんは、そうのたもうておりました。
この方初めて見たとき、「『SoWhat?』の暮里亜梨?」と思ってしまったっす…
東大文Tに入学できるほど頭が良くて、でも、そんな固いイメージとはまるでかけ離れてて。
ほわ〜んとした口調でゆっくりと、でも、要点はしっかり押さえてるから分かりやすい言葉で喋って…。
本当にああいう人が現実に存在するんだねー。
“N,Yブルーノートで歌った初めての日本人”よりも、そちらの方が衝撃だったです(笑)
この方の話を聞いていると、なんて言うか…心が暖かくなるです。
TVを通じて、この方のものの見方考え方のひとつひとつが、するすると入り込んでくるカンジで。
水を飲んだり、息をするのと同じくらい自然に。
ココロのチカラをもらっている、というたとえが一番合ってるかな。恐れ多いけどね(^^;


▼2.7.水
昼間、15分の仮眠中、変な夢を見た。
「イラストレータの横尾忠則氏が亡くなって、遺体は三角形の山のてっぺんに埋められた。
その後、UFOが飛んできて、回収しようとしていた。宇宙人が何かに改造するそうだ」
…なんかめっちゃ電波系入ってイヤなんですけど(=▽=;;

レディースディな水曜日、今日はZと一緒に「クリムゾン・リバー」観劇でし。
映画館に入ったら、妙に人が多い。よく見たら、実は第一水曜日は一般も1000円なのでした。
どーりで多かった訳だよ、カップルとかカップルとかカップルとか(=w=
もっとおどろおどろして凄惨なシーンの羅列と思いきや、死体とか、意外に見えそで見えないんですな。
なんて言うか、ヘンに慎み深いなあ、と思ったり(=w=
内容は消化不良までには行かないけどもうちょっと突っ込んでもいいかな、ですね。
口当たりの良い流動食ってカンジで、流れに任せてたらあっさり終わったって印象。
「詳しいことは小説を読みなはれ」ちゅーことでせう。小説とワンセットで考えると、もっと楽しめるかと。
それにしても…意味無いけど妙に笑えるカット満載でねえ。おかげでねえ、もう始終ニヤニヤしっぱなしでしたよう。
ジャン・レノとヴァンサン・カッセルの掛け合い漫才が絶妙だし←漫才言うなあ(ぺし)
でも、一番ニヤニヤが止まらなかったのは“VF2”だったりして。…ダメダメじゃん、わしら(=▽=;;

その後入った、HEPナビオの「ロンドン・ティー・ルーム」は、おいしい紅茶が飲めるけど、
かなりせせこましくって、ゆっくりするにはちと向かない店でした。
梅田地下街の「一口茶屋」で売ってる「お好み焼き入りタイヤキ」は、かなりイケます(>w<
AVALONのサントラは売り切れ中。無いと知るとますます欲しくなるのが人情というもの。
…まあ、見つかった時に買うことになる、ということで☆


▼2.6.火
Zんちの喜利番を踏んでしまいやした(=w=
ダンナがちょっと前で、その数十分後私が回ったらばっちり(死後)。
「ごめん、踏んぢまったよう〜」と報告入れたらば、電話の向こうでごんげーと吠えておりました(嘘)
てか、もう12000カウントです。あっという間にうちんとこ抜かれます、ホンマにペースが早いですなあ。

WOWOWの「雨あがる」を、ダンナたっての希望で観ている。
黒澤明の遺志を継いで、スタッフが創り上げたこのフィルムは、まぎれもなく監督の魂が宿っている。
…彼が最後に描きたかったのは、何なのだろう。
巨匠、映画の神様、暴君と呼ばれたこの人が、フィルムに託したものは何だろう。
それは、人間というものに対する、溢れるほどの慈しみではないか、とふつふつ思う。
人々の凛とした心の行き交いは、滴るような、でも決して下品でない色彩とともに、鮮やかに浮かび上がる。
巷に氾濫する『優しい』という言葉は、自分に対して都合のいいものでしかない。
そういう手軽な『優しい』とは一線を画す、本当の意味の『優しさ』を、描きたがったのかもしれない、と考える。
ほんとうの優しさとは、一体なんじゃい、と問われても明確に答えられないが、
ただ、この映画を観ていると、その一端がふっと見え隠れしているような気がする。


▼2.5.月
月曜日のNHKの時代劇ロマンは「人情しぐれ町」、藤沢周平原作であります。
派手な剣戟も政治的陰謀もない、地味なじみ〜なドラマを淡々と綴ってて、とても好きなのですが。
今回は頓死したおとっつぁんの借金を返すために、自分から岡場所へ売られていった10歳の娘の話でした。
大人顔負けのしっかりもので、飲み屋や味噌屋油屋へ借金を返しに回ったけれど、
長屋を出ていく日、世話になった人々へ別れを言った瞬間、子供に戻って大泣きしながら女衒に連れられていった、
なんてシーンを見た日にゃあ、ダンナともども鼻水ずびずばでしたのよ。
藤沢小説は、妙にけなげな子供が良く出てくる、とダンナは申しております。私もそう思います。

何も変わらないようで、でも本当は小さな波紋が重なり合って響き合う、それが『日常』の正体だと思います。
そして、目立たない波紋を暖かい目線でしっかり見据え、描ける、そういう底力のある作家さんは、私は大好きです。


▼2.4.日 立春
はい、新年です、暦では春の始まりです。
でも季節はまだまだ冬です。北陸から東北〜北海道にかけての雪は、まだまだ収まりそうにないようです。
日本のこのあたりは、実は世界有数の豪雪地域なんだって。意外かもしれないけど。

して、今日はなんか一日ぼーっとしてるうちに終わってしまいました(=w=
もったいないことをしてしまったのう。てへ。
ひとまずぎゃらりぃのTOPイラストのサイトの改造だけは終わらせたけどねん