HOME



▼5.15.月
風邪がぶり返した。痛む喉で接客業をこなすのはつらいですね。
帰って、とりあえず掃除をして、とりあえず寝る。んでもって夕方ごそごそ起き出して更新作業(−−;;
SWWWでマスターズアドべンチャーにも参加したので、そっちもチェックすゆ。
かなりしんどいかも・・・。

そういえば、今朝妙な夢を見た。自分に付きまとうすっごく嫌な男を罵って、はり倒す夢。
なんで私が嫌うかっつーと、「本当のことしか言わない」からなんだよね。
そいつの言葉を聞くと、腰から下が砕けて、身体に力が全然入らなくなる。
それでも、かなり乱暴なことした。顔を「ぐー」で殴ったり、胸ぐら掴んで石段の上から突き落としたり。
昔は言い返すのがやっとだったんだけど、実力行使が出来るようになった分進歩したようだ(爆)
そいつ、ハンペンの真ん中にシワを寄せたような不気味な顔でにやにや笑って、全然堪えない。
めっちゃ、腹が立つ。
でも、そいつのいう事を全部認めて「あんた、私が羨ましいんだろ?」と言ってやったら、なぜかハンペン顔を真っ赤にして怒ってたけど。
変な夢だ・・・(=w=。

夢と言えば、昼寝の時もたまに妙な夢を見る。そんな時はきまって金縛っちゃうんだけど。
「目を閉じてるのに、部屋の様子が見える」とか、「胸の上に黒い影が乗って、砂みたいに崩れる」とか、
「めっちゃ重い身体で夕刊を取りに行って、そのまま立って読んでる、と思ったら夢だった」な夢とか、
「キッチンを誰かがドタドタ走ってる」とか。
内容的には「耳袋」なんだけど、これはちょっと違うような気がする。
金縛りに遭うメカニズムを鑑みて、その典型的な例だし。
「う〜ん、そろそろ起きて作業始めなきゃ、でも眠い〜」な時によく起こるかんね(−w−
それに、毎月1,2度起きてるし、第一恐くないんだよね、うむ。


▼5.14.日
ゆうきさんのお誘いで、紫苑さん&Zと共に鴨川をどり(なんと無料☆)を観にいく。
先斗町(むう、『ぽんとちょう』で変換しなかったにゅ)の歌舞練場へ駆け込んで、結局立ち見。
今年は特に評判が良いらしい、とのこと。「里見八犬伝」といわゆる「レビュー」の2部構成で、約一時間半の出し物だったけど。
「百聞は一見にしかず」とはよく言ったもので、今まで抱いていた鴨川をどりのイメージがいい意味で壊されました(^^)。
里見の舞台、とてもわかりやすい言葉遣いで、「あ、私にも分かる」と嬉しかったです。
これで歌舞伎も見れるかな〜と思ったケド、近松モノを観たZによると、もっと分かりづらく、一幕が長い(3時間)らしい。
むう、まだまだ修行が必要かな(^^;
2部の踊りは・・・「『舞台に花が咲く』って、こういう事を指すのかあ」とうっとり。
あでやかで上品で、ジャパニーズ・ビューティフルをたっぷり堪能しましたです(−▽−
舞台を観たのは、去年の春の「リバーダンス(アイリッシュダンス)」以来。どっちもその国の伝統芸能なんだよね。
終わった後、ゆうきさんの案内で舞台裏を見せていただきました。
天井桟敷に上がらせていただいたり、さっきまで舞妓さんが踊っていたステージを歩いたり。
裏方の「棟梁」のおじさんとも、少しお話をさせていただいたり・・・(貫禄あって素敵!(>▽<)
久しぶりに、心が満腹致しましたデス。

やっぱり実物を観て、その空気に触れるのはとっても大切なんだなあ、と改めて実感。


▼5.13.土
ダンナ、今日から友人宅へ遊びに行く。今夜は戻らない(にやり)

久しぶりのマリーは、マイスタークラスで終了。気が向いた時にさくっと出来るのが嬉しいね。
EDは全部見てるんだけど、一番気に入ってるのは、サターン版で追加されたもの。
見た瞬間爆笑&「一番マリーらしいわあ」と、納得しましたです。

最近、「飲茶楼」にハマってます(−w−


▼5.12.金
以前、継続手続きをした保険会社から通達。
更新時に申請した「特定疾病医療特約」の契約が、私だけ出来ないというものだった。
理由は2年前の入院と手術。「ああ、やっぱり」だった。
一応、ダンナの方は加入できる。次の契約更新は5年後。その時まで健康でいれば、加入できるだろう。
でも、5年先・・・私達は病気もせず事故にも遭わず、ちゃんと今のまま、生きてるんだろうか?
そういう事を考える年になってしまったようだ。

と、深刻な内容だが心配ご無用なり。いつもへろへろと考えてることだからのう(−w−

昨日今日と、エアコンを洗浄。といっても、市販のスプレーを使っただけだが。
前回「オレンジの香り」を選んでひどい目に遭ったので、今回は無臭性のものを購入ナリ。
それに合わせて、エアコン付近にあるCD置き場を整理してたら、「マリーのアトリエ」が出てきた・・・(=w=
んな訳で、久しぶりにサターンにディスクを喰わせてプレイしている。
「そうだった・・・カトルカースの前髪って、マルローネからいただいたんだっけ」
なんて思い出しながら(笑)。
もちろん、今のBGMもマリーだったりする♪


▼5.11.木
塩沢兼人さん逝去。朝刊の死亡欄見て、思わず叫んでしまった。事故死だなんて・・・まだ50歳にもなってないのに・・・。
いろんなアニメを思い出すとき、いつも必ず存在していた。あの声で、脇をしっかり固めてくれた名優だった。

もう、ぶりぶりざえもんの声は聞けない。今はただ、冥福を祈るのみ。


▼5.10.水
風邪をひいた。最初はお腹に来た。バイト中に差し込みがあって、「昨日何も悪いモノ食べてないのに」と思い悩む。
戻ってから一気に倦怠感と腹痛がやってくる。でも、食欲はあったりする。
とりあえず、買い物に出かけるが、5月の風もコンビニの冷房も、とにかく不快。いつもなら気持ちいいはずなのに、鳥肌たつほど寒かった。
コーヒーパックを買ったのに、結局ホットのお茶を自販で買い直してしまったり。
午後は、ひたすら寝た。洗濯物も掃除もほったらかして、寝ていた。鼻水と寝汗が止まらないよう(−−;;
今夜は葛根湯を飲んで就寝かな・・・。

それでも、紫堂恭子の「決定版ブルー・インフェリア」3巻購入。
コミックトムで連載して、途中で突然終了してしまったいわくつき(?)の話。
作者と出版社側の間に何があったのか、想像の余地を出ない。ただ、最後の挨拶の中で途中終了のお詫びとともに
「この続きを、必ずどこかで描きたい」とあったのだけは、鮮明に覚えている。その約束が、5年たった今、果たされようとしている。
「グラン・ローヴァ物語」や「ヤマタイカ」、「風雲児たち」、トオジョオミホの短編作品群が好きで買っていたコミックトムは休刊し、
そのうちトムプラスと名前を変えて再登場した。
歴史・時代劇メインのコミック雑誌なのに、いつのまにか、買わなくなってしまったけれど。


▼5.9.火
暑い・・・。つい先日まで長袖が入りようだったのに、何なんだこの夏日わ(−−;;
でもまだ湿気が無いだけマシですな・・・。

お昼時、土産を渡しに江坂へ。
Zとお茶して、アイコンデータをもらう。今回の3点さあ、めっちゃリキ入ってると思うの・・・私だけ?(笑)
んでもって、都深野さん経由で「おりこう福」キーホルダーをいただく。
他にも「はかせ福」「へいたい福」「電脳福」のキーホルダーもあったが、これは見せてもらうだけだった。
犬福シリーズのアイテムは、どれも出来がすごくいいのだ。
なんか、おりこう福が私に似てるとみんな云うんだが。・・・否定できんのだよな、これが(−▽−

夜、そのおりこう福をダンナに見せながらの会話。
私「これがね、私に似てるってみんなが云うんやけど」
ダンナ「(間髪入れず)うん!」
・・・なんだかなあ(−w−


▼5.3.水 〜 8.月
熊本のおばあちゃんちへ。
「おばあちゃん」といっても、ホントの祖母ではない。ダンナの母の母になる。
でも、毎年行き来してるうちに、実家より居心地よくなってるのは確かだ。

おばあちゃんちは、田圃にかこまれたのどかな風景の中にある。空気がとてもきれいだし、口にするものはなんでもおいしい。
なんしか、化粧水の量が普段の1/3で済んだのには驚いた。都会生活はマジで肌に負担らしい。
そして球磨地方は温泉がそこかしこにある。
ダンナがTVで観た温泉旅館の露天風呂で、初めて混浴を体験した。・・・入ってしまえば、なんてことないわね(−w−
おばあちゃんの家の近所には、いわゆる地域保養の施設もある。毎日が温泉三昧。
ついでに帰りに立ち寄った霧島の温泉は泥湯だった。これも初めての体験。

義理の従姉妹が三人目の子供を産んでいた。首の座らない赤ちゃんのだっこは、緊張モノ。
びっくりするくらい小さな指に、ちゃんと爪がついている不思議。
生後20日の新生児と、2〜4歳の子供の泣き声は根本的に響きが違うことも発見。
新生児の泣き声の方が、柔らかくて優しい。いわゆる子供の泣き声は、カンに触るぐらい高く響く。自己主張が混じるせいかな?

まあ、そんなこんなでネットを忘れた生活をしてきた。案外、簡単に忘れられるものだね(−w−
でも、こうして戻って来たってことは、心のどこかで気がかりだったからだろう。
実際、次のTOP絵は何にしよう、と考えている自分がここにいるし。

そういえば。
バスジャック事件は港への道のりで知った。翌朝、船内で解決を聞かされた。
愛知の刺殺事件と併せて思った時、なぜか鬼平親分の顔が浮かんでこう言った。
「誰もが心の中に闇を併せ持っている。その闇に捕らわれちまったんだねえ」
以前、「羊たちの沈黙」を観に行った時、マイナスの可能性を力強く示す「もの」が理解できた。
そう、私は確かに犯罪者がなぜ犯罪を犯すのか、その理由が理解できたのだ。
しかし、数日も経たないうちに、「それ」の輪郭はぼやけ、思い出せなくなっていた。
恐らく私は、いわゆるパンドラの領域に踏み込んでいたのだろう。思い出せなくなったのは、無意識にセーブが働いたのかもしれない。

被害者の無念や負わされた心の傷の深さが理解できない、する術すら持ち合わせない、想像力の欠如した「もの」。
彼らは、そういう「もの」になってしまったのか。
闇の片鱗を見た私は、だけどもその心情を理解できないし、したいとも思わない。同情の価値もない存在に、心を傾けてやる意味はない。
彼らの家族や知り合いには悪いけど、あいにく、外道を更正させろと言えるほど、私の心は広くないんだよ。


▼5.2.火
ふ・・・ミョーに忙しいよーな気がするのは・・・私だけかのう(−w−。
COCのサテライトを、梅桜鯖へ移動。「お喰ひさま」のログもまとめ直しておく。次はいつだろーか・・・。ちょい、先かな?

まがりなりにもサテライトなるものを立ち上げて、蝸牛の歩みなりともゲームを進めてみて。少し分かってきたことがひとつ。
「GMって立場は、ニュートラルでなければならんのね」
去年、参加してたチャットでよく耳にしたし、私自身言葉にしたのは「GMは悪やねん」て一言だった。
まあ確かに、プレイヤーの個人一人ひとりの思い入れに構ってたらシナリオは進行出来ないし、場にふさわしくない行動宣言したPCには、それなりの結果を与えねばならんし。心を鬼にしなければやって行けないことって、多々あるよなあ。
でも、自分で言葉にしながらも、「悪」じゃあないんじゃないかな、と最近特に思うようになったんだわさ。
悪の代わりに浮上してきた言葉、それが「ニュートラル」。つまり、誰の味方でも敵でもない。自分自身の味方でも敵でもない。
情に流されるだけじゃ務まらない、かと云って理論で押してもつまらない。
どれでもない存在。ただ、事象の全てに判断を下し、事態を進める存在。
それが、私の中のGM感になりつつある。
・・・なんか、上に連ねてるのを読んだら、すっごく味気ないし素っ気ない、個性の「こ」の字も感じられないね(笑)。
ただ、これが私の出した答えの全てじゃないのは確か。たった数年やっただけで、答えが全部出そろうほど狭い世界じゃないしね(−w−
「これが本当のTRPG論だ!」と声をあげる気はさらさらないし。(でも、いろんな人達が独自の見解を論じてる場を見るのは好きですよん)
これからも少しずつ、人と人との関わりの中で、学んでいくつもり。


▼5.1.月
月が変わった。とうとう五月になっちまったい(−w−;;

午前中は連休中の資金調達やら着替え準備やらで買い物周り。今回は法事も込み。
「旅行」はいつもバイク、九州までは船で行く。船内で一晩寝て、目が覚めたら海を渡っていました、って寸法。
ただ、いつもは2等客室だけど、今回は2等「寝台」。雑魚寝じゃなくって、8人部屋で、各自ベッドが割り当てられている。
残念ながら大型連休や盆暮れのお客は、マナーが悪い。他人が寝てる脇で平気で酒盛りしたり、ぺちゃぺちゃ話したりする人がいる。
ロビーに行けつーのに、行かないんだよね〜(−−;;
ちょっと高くつくし、ベッドは狭いけど、熟睡は確保したいのさね。
それにこーいうことで寝るの、嫌いじゃなかったりして。

TOP更新。実は、ロールオーバーで、も一枚絵を飾りたかったんだけど、直前になって断念。
「この絵でロールオーバーしたら、クドくなるっしょ〜」と思ったのさ。
頭の中じゃナイスアイデアでも、実際形にしたら「むう、違う〜」と、思い直すことは多々ある。
考えた結果、「イケイケでいっちゃえ〜」な時もあるけど、今回は軌道修正しただけの話(−w−
JAVAスクリプトの扱いに自信がないってのも当然ある(えっへん)←エバるなっつーの
あと一枚の絵は、そだね、またいつかどっかで使うっしょ。

そういえば作業中、JOCからDMが届いた。ホテル浦島でやる、ゲームコンベンションのお誘いなんだが。
実はこれって、数年前から届くようになったんだよね。どこにも問い合わせしてないし、誰にも行きたいなんて話してないのに。
心当たりといえば、・・・数年前にTRPG誌の同人誌コーナーに「星を追うもの」が掲載されたから、かも?
だって〜、宛名が個人名じゃなくって、サークル名(AQUAVITAE)で届くんだもん。なんだかなあ(−w−;;