HOME



▼1.29.土
掲示板のパーミッションが変更できない理由が判明。「『属性変更を受け付けない』プロバイダー」だったからだ。
一気に脱力・・・でもすぐ立ち直り。プロバイダで用意されたCGIを使おうと思ったが・・・また動かない(><
何か障害だらけだ。とりあえず、プロバイダの質問掲示板へカキコして返答待ちとする。
COCサテライト設置に間に合わないようだったら、tcapのレンタル掲示板を使おうとも思う。

そういえば、2/1からSWWWの第3期が開始される。
去年の2期開始は、ほんとうにどきどき・わくわくしながら待っていたのだが、今回はかなり冷静だ。
方式も変わり、継続して参加する人も減ってしまったこともあるかもしれない。
子供の私は、去ってしまった人を泣きわめいてでも引き留めたいと思う。でも、もう一人の私は「みんな考えての結果だから、仕方ないよ」と諭す。
いろいろあったが、共有した時間が楽しいことが多かったから、余計に未練があるのだろう。

だけど、と、ここで立ち止まって再考する。

SWWWには、新しい人も来る。継続して参加する人も多い。
留まって、がんばっている人もことを、忘れちゃいけない。
参加を本当に楽しみに待っている新しい人たちのことを忘れちゃいけない。
「自分が楽しい時期を知っていた」ことと「今の寂しい状況を蔑む」ことは、全く別物だ。
それじゃ、ただ「昔が良かった」とぼやくだけで、何もしない老人と一緒じゃないか。

SWWWの全てに賛同してる訳じゃない。不満もあるし(かなり解消されたけど)、
敷居はかなり高い(これは1期から感じてたことだけどね。改善は・・・難しい?)。
勧めた私の友達のほとんどは、その敷居の高さに「ついて行けない」と言う。
それでも、私がSWWWというか、G99コンテンツに留まるのは、新しい人と出会える比率が高いからだろう。
それから、脳内キャパシティの問題・・・というか、別の新しいオンラインゲームに登録しても現状手一杯だから、PCを満足に動かせないだろう、というのもある。
せっかく産まれた私の子供だ。産んだ以上ちゃんと面倒を見てやらないと、彼女(彼)らに申し訳ないんだわ、ワタシ的に。

昼ご飯は雑炊にする。それだけじゃ物足りないので、豚肉と高菜を刻んで炒めたのを乗せる。
あんまりご飯を食べないダンナがおかわりをした。


▼1.27.木 〜 1.28.金
木曜日
ダンナが風邪でダウン。鼻づまりが酷い、熱もある。大事をとって、会社はお休み。
そういえばバイト先のお客さんも、咳をしきりにする人時々いる。
9時から交代する奥さんは、夜中に子供さんが突然高熱と嘔吐に見舞われ、救急車を呼んだという。
気を付けて・・・といわれても、気を付けてももらってしまうのが風邪。そんなときは、身体を労るしかない。

金曜日
今日もダンナはお休み。でもだいぶ元気が出てきたようだ。
ターンAのOPが変わった。何だか「今ハヤリの曲」になってしまって残念。「その番組の為だけに歌われるテーマソング」が無くなった昨今、ターンAのOPはとても贅沢な歌だと思ってたのに。
夜、沙門さんと梅田で会う。夏コミの申し込み書を渡してくる。
待ち合わせ前に紀伊国屋書店をうろついてたら・・・
「動物占い」と「WW2・ドイツ装甲部隊全史1」を衝動買いしてしまった(−−;;;
ちなみに私の動物は「チータ」。当たってるような、当たってないような。


▼1.26.水 キン!と晴れた日
火曜日飛ばして、水曜日から。
お昼すぎ、ネット友達のみっちゃん、綾華(りょうか)さん、リュミエルさんが遊びに来てくれるんで、ちょっと張り切って掃除する。
近所で買い物の後、商店街へケーキを探しにいったら・・・無い!!
なに〜〜、曽根の商店街には、ケーキ屋さんは無いのかあ?? しょーがないんで一駅分戻って、ケーキを買う。
三人を呼んだのは、FFFTPの使い方を教えてもらうため。どうしても掲示板がうまく作動できないからなんだが。
結果は・・・やっぱり作動せず。どうやら(やっぱりというべきか)FTPのパーミッション設定がうまく作動しないのが原因みたいだ。だいたい、なんで数字が固定されたままで、入力した数値をうけつけないんだろう?(;△;

新しい掲示板は、自分でアイコンを付けられるタイプのもの。ひたきさんや都深野さんとものHP見て、いいなあ、やりたいなあと思ったから。
いっぱい設置のお誘いを受けた「宙」は、見送りにします。設置してる人のところを巡回してたら、なんかそれで満足しちゃったから(^^; ・・・誘ってくれた人、ごめんね。


▼1.24.月
COCコンテンツ用に、先日からあちこちサーフィンして恐怖な素材を探している・・・が、
暗黒工房さんとこ以外は、なんだかイマイチ使いづらい。もうちょっと粘って探してみようか・・・。

ZからいつものTEL。とうとう「ジルオール」を買ったという。感想を訊いてみたら
「仲間内でやってるTRPGみたい〜」だとか。「TRPGみたい」という感想は、プレイしてる人共通のものだ。
Zも女性キャラクターから始めたらしい。有里さんといい、珍しいこともあるもんだ。
二人とも必ずといっていいほど、男性キャラで始めるのに。
まだ始まったばかりなので、「ちまちまお使いをこなして、LVを上げましょう。あっちこっち回って、仲間を増やしましょう」なところだ。
どんな冒険になるんだろう。楽しみだ。
私も今週には(たぶん)ヒマになるハズ。そうしたらジルオール日記再開だにゃ。
早くくりあ〜して、クーデルカやりたいのん。


▼1.22.土 〜 1.23.日
昨日のカラオケは、都深野さん、夢惑さん、ひたきさん&Zと「ツチ・バヌーチ」でのごはんになった。
ここのイタめし屋は昼は時々くるが、夜入るのは始めてだった。
「ファンタジー小説の酒場って、きっとこんなんだろな」と想像させるような造りの中で、
ヴァイオリン&アコーディオンのお姉さんを従えたお兄さんが、朗々と歌ってくれる。
頼んだコースはリーズナブルで、お腹もいっぱいになれる。ワインなんぞ空けたから、ちと足に来たが。
夢惑さん&ひたきさんから頂いた小さなコピー本は、「可愛い話にめっちゃ贅沢な造り」のものだった。
それから、ひたきさんに貸していた「鈍色の攻防」が戻ってきた。実は私、貸してるということをすっかり忘れていた。
というのも、家にはもう一枚あったりして、「これが私の」と長い間思いこんでいたからだ。
その後、ゲーセンで「サンバdeアミーゴ」を初プレイ。ひたきさんと一緒に、マラカス振りながらポーズを付ける。
「だだれ(夢惑さんは「DDR」をこう呼ぶ)」よりも体力使わないんでいいかも・・・と思ったが、終わったら腕が痛かった。

土曜の夜、IRCセッション。今年始めてなら、「ギアアンティークR」も始めて。
戦闘のダイスの振り方とか、覚えたつもりでもいざって時は「え?どーだっけ??」と慌ててしまう。
でも、SWのようにレーティング表を使わないので、計算結果はぱっと出るから助かったけど。
・・・うん、楽しかったよ。なんか久しぶりに、「ああ、TRPGゲームをしたな〜」って実感できた。
去年遊んだり、見ていたのが「ヘビーでシリアスなストーリー重視のTRPG」ばかりだったんで、ちょっと疲れてたみたい(いや、それ重視てのは否定しないよ。私も好きだし、自分もシナリオ作るとしたら、きっとそんなのになるだろうし)。
なんか久々、素直に「あ〜、面白かった(^▽^)」って云えるTRPGだったな。
まあ、GARが初めてだったってのもあるんだろうけど。

IRCセッションを始めて気が付いた、私の性格。どうやら私、「考えなしのイラチ」みたいだ。
次の文章が表示されるまでの、沈黙に似た状態が我慢できんらしい。
よく無駄なセリフとか、リアクションを打ち込んで、その結果、墓穴を掘る。
今回も一人でWOL判定(幸運の風判定。幸運値判定や行動判定に失敗しても、これを一回振って成功したら、『失敗はなかったこと、その行為は成功』になる。ただし、決められた数値を越えるとしっぺ返しを喰らう)を振りまくっていたっけ(ため息)。


▼1.21.金 雪が降った日
GARのIRCセッションを明日に控えて、PCの作成を急ぐ。
プレイする年代は決まってるけど、PCの一生を決められるのが「ギアアンティーク・ルネッサンス」の面白いところ。
しかしホントに頭使うなあ・・・。自分の人生設計もちゃんと出来ないのに、PCの人生設計するとは思わなかったよ。
これは
「TRPGのPCの人生は、プレイしてく間に出来上がって行く物」
「細かい設定を作っても、動かすうちに矛盾がでてくるから、あまり作らない方がいい」
てな考えを逆説に行く物だ。この考え方は目ウロコかもしれない。
出来たらリンクつなげる予定。さて、セッションはどうなるかな・・・。
計算ダメダメな私が、計算センスを求められるTRPGを続けていけるってのも妙な話だけどね〜(−w−

今のBGMはPUFFY。うに、「春の朝」っていい曲だな・・・。
「パフィでルンバ」は、私の十八番であり、人生航路の指針とする曲なのでぃす。
今夜はカラオケの予定。このクソ寒い中、自転車ぶっ飛ばして20分、江坂へ駆けつけるのでございます。


▼1.19.水 〜 1.20.木

水曜日からずっと、GARサイト用のTOPイラストにかかっていた。
設定が少女戦車隊なので、戦車の周りに女性兵士を置く。
国のモデルがドイツなんで、そっち方面の戦車&軍服にしてみる。
着彩はセピアで統一だが、思った以上に難しい。結局、原色で塗って単色コピーをかけ、それを元に手を入れた(−−;。送信したら、なんかすぐTOPに掲載してくれたみたい。
なんか原画で見るのと、WEBに乗った画像では、同じ絵なのになんか印象違うように見えるなあ・・・。

木曜日
有里さんからTEL。ジルオールの話で盛り上がる。
有里さんのクリア時間は90時間・・・どうしてこんなにかかったのかは謎である。
EDはティアナ王女とだったらしい。私がザギヴEDと聞いたら、とっても悔しがっていた(−w−)
今度は是非、レーグとのラヴラヴ(?)ED目指して頑張ってほしいものです。

そういえばこのところ、ジルオールを触ってない。精神的に詰まってるから、余裕が生まれないみたいだ。
でもイラスト上げたので、ちょっと楽になれた。


▼1.18.火

妹と待ち合わせで、梅田へ。
買い物はCD2枚(坂本真綾とPUFFY)、本屋で戦車関連の本2冊、妹から頼んでおいた化粧品・・・さて、いくら使ったでしょう?(爆)。
戦車の本は、前から欲しかった「戦車メカニズム図鑑」を購入。思ったより安かったので、もう一冊追加した。いろいろ悩んだ結果、「ミリタリー・イラストレーション」に決定。
戦車で思い出したが、有里さんは「キングティガー」と呼ぶと怒る。英語と独語が混じると、気持ち悪いと云うのだ。
彼女の前では、「ケーニッヒスティガー」か「キングタイガー」と呼ばなければならないのだ。
そういえば、「パンツァーフロント」、全然見ないんですけど。なんか売れちゃって無いっぽい模様・・・。

街で見た微笑ましい光景。
工事現場近くで信号待ちの時、近くに立っていた誘導員のおじさんに、仲間のおじさんが「ひざかっくん」して遊んでいた。


▼1.17.月
今日で5年目。地震の話である。バイトで早朝出勤だから、6:46にはもう起きている。
いつもより早く身支度を済ませて、その時間は黙祷をした。
あの日のことは、よく覚えてるよ。
前年の年末に退職して半月経ってて、確か3連休の次の日で、前々日はイベント行って、前日はセーラームーンの映画を観に行ったから。

「その時」、私は地鳴りで目が覚めた。
何の音と思う間も無く、酷い揺れが来て。隣の部屋へ行こうとして立てず、襖の柱に掴まってるのが精一杯だった。
すぐ後ろでわめいてるはずのダンナも声が、地鳴りで聞こえなかった。「飛行機が墜落したかと思った」と、ダンナは後で云った。
後になって、私の住む市は大阪府内で唯一激震被災地区に指定された。けど、地震直後、私の見える範囲では、大きな被害がなさそうに見えた。
実際、電気もガスも朝7時には復旧したし、水道は地震直後から使えていた。電話はさすがに繋がらず、近所の公衆電話からそれぞれの実家に「大丈夫」と連絡した。
だから朝のニュースで、神戸の惨事を知って、初めて事の重大さが解った。
高速が倒壊した西宮の道路。ダンナの会社は、あの近くにあった。「会社の様子を見に行って来る」と、バイクで向かったダンナは、戻った時、景色のあまりの変わり様に、呆然としていた。
会社自体の被害はそれほどでもなかったが、液状化現象で道路は砂だらけになり、近所にあった酒蔵から、酒の匂いがひどく漂っていたそうだ。
近所のスーパー、コンビニからあらゆるものが消え、午後3時の空は埃でやたら黄色く見えた。
その夜の晩ご飯は、ホットケーキ。お風呂に入った時、自分の両膝に覚えのない内出血に気づいて、
「ふすまの滑りに膝を着いて上下に揺らされたから、それで痛めたんだ」と思った。
それからしばらくは、明かりを消して寝られなかった。小さな余震で飛び起き、テレビも付けっぱなしだった。
肉体的、経済的ダメージは無かった。口に出して「つらい」というほどの事ではない。
だけど、精神的ダメージによる恐怖はあったのだと思う。この日は生涯、忘れることはないだろう。
他の事は忘れても、きっと意地でも忘れないと思う。


▼1.15.土 〜 16.日
土曜日。「SWWW」の、京都オフの日。
午後2時に間に合うよう、家を起つ。待ち合わせの場所がJR京都駅なので、珍しくJRにする。
新快速は揺れて、初めて「電車で酔う」経験をした。ラヴクラフトを読んでたのも一因か?(爆)。
駅到着は13:59、3分遅れて待ち合わせ場所に到着。みんなすでに集まっていた。
10月以来の関西オフなので、懐かしい顔もいっぱい&初めましての人もかなりいた。
幹事のゆうきさんに連れられて、まずはバスに乗って三十三間堂へ。ちなみにこの時点で13人である。

三十三間堂は「通し矢」の真っ最中で、袴姿のお姉さんがてんこ盛りだった。
露天も出てるし、拝観者もいっぱいの中、お堂に入って見学。朗々と読経が流れ、抹香の匂い漂うそこは、かなりの人がひしめいていたはずなのに、今思い出すと、読経の声しか思い出せない。
柱と柱の間にはお賽銭を入れる袋が添え付けられ、私も入れたりしたのだが、柱ごとにずっと向こうまで続いていたので、最初のひとつでやめた。
ここでは破魔矢を購入する。

ここから次の目的地・清水寺までは徒歩で向かう。
日頃の運動不足&寝不足が祟り、途中、茶わん坂で体力尽きた人が出始める。先はまだまだ長いぞ〜。
この日は暖かく、コートを脱いでちょうど良かったくらいだが、さすがに日が陰ると急速に温度は下がり始める。
私も脱いだばかりのコートを、また羽織るハメとなった。
寺の左手は伐採とクレーン車がへばりついていて、決してきれいとは云えなかった(残念)が、京都市内方面は、なだらかな山の稜線、夕暮れの空と相まって、とてもきれいだった。
その中でもひときわ目立ったのが京都タワーとJR京都駅。京都駅は、なんだか悪の要塞然としてたのは面白かったが。
ここでのおみくじは「吉」。持って帰ることにする。

その足で、三寧坂、二寧坂を下り、お土産ものを見たり、きなこソフトクリームを食べたりしながら、八坂神社へ。
途中、夜に合流予定のEMYUさんとかおるさんからTEL。YUYU君からも連絡が入る。
待ち合わせ場所を円山公園にして、一路八坂神社へ。お目当ては「恋みくじ」らしい。私は普通のをひいて・・・凶だったのでお返しした。
さて、ここで寺町へ買い物へ行くと云うMISTさん、APPLEさん、「銀」さんと離れ、一路円山公園へ。
京都の冬特有の底冷えが這い登って来る中、待つこと20分・・・EMYUさん&かおるさんと合流。
東京を今朝3時半に起きて、電車(鈍行)に乗って、午後3時過ぎに京都へ到着したそうな・・・ご苦労様です(^^;
あとはYUYU君だけだがなかなか現れず、仕方ないので一足先に飲み屋へ向かうことにする。
四条河原町の飲み屋で先の買い物組とも合流、最後のYUYUくんも追いついて、やっと全員揃う事が出来た。
飲み屋で何があったかは・・・読んでいる方の想像にお任せするとして(合掌)、まあ、楽しく精進落としができたという事は付け加えておこう。
食べるものもかなりたくさんあったが、油断していると自分の注文分が人に食べられてたってぇのも、お約束である。

私は一次会でお別れし、みんなは夜の京の町へ消えていった。その後、何が起こったかは普通の主婦のあずかり知らぬことである(爆)。

蛇足:帰りは阪急を使ったが、連絡が悪くて1時間で済むところを2時間かかってしまった。くそう、特急を待たずに、素直に急行にすればよかった(−−;;

日曜日
割とのんびり過ごす。・・・震災特集を見ながら、だけど